ご聖体授与の臨時の奉仕者になった

とまにちわ!


6月21日以降、カトリック東京大教区の教会活動はステージ3になり、四谷修道院でも「75歳以上の司祭にあっては、ミサの司式にあたり、感染を避けるため、聖体授与に携わらないよう」という指示に従うことになりました。


そういうことで、「聖体授与の臨時の奉仕者」のお役目に!


臨時だけど、ちゃんとした手引書なんかもあったりして、少なからずプレッシャーが。

ちなみに、手引書の中には…


「奉仕に際しては、典礼における祈りの雰囲気を保つよう、落ち着いた所作を心がけます。」

「ミサの前に祈りや黙想を通して霊的準備をするよう心がけます。」


基本的な心構えですでに厳しい!


さらに、ご聖体を授与する時には…


「『キリストの御からだ』とはっきり告げてホスティアを拝領者に示し、拝領者が『アーメン』と答えてから授与します。」

簡単そうに思えるけど、パニックになったら、告げる言葉なんてきっと出てこない!


おまけに、ご聖体を落とした場合…


「うやうやしく拾い上げて自分で拝領します。」


どうしよう!

手が震えてご聖体を落としてばかりいたら、お腹いっぱいになっちゃう!!

などと、あってはならない想像をしてしまうのです。

ああこわい。

ちなみに、すでに記憶は曖昧だけど、「聖体授与の臨時の奉仕者」デビューは意外とすんなり行けたような気がします。


ただ、自分がふさわしい奉仕者とも思えず、ご聖体を授与する時は、なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいに。

「キリストの御からだ」と言ってたつもりだけど、最後の方は「すみません」と言っていたかも…。


次がんばります!

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。