霊的花束の密

とまにちわ!


聖母マリアに霊的花束を捧げる季節になりました。

こういう時だからこそ、祈りの力を信じたい!

祈ろう!!

そういうことで、毎年恒例の霊的花束は、籠の中になんだか綺麗に収まってる!

というか、みんなが籠の中に手を入れて、掴んで、見て、また戻して…。


このご時世に、こんなやり方がいいのかどうなのか、ちょっと微妙に思ったり。

修道院の慣習って、なかなか変えられないし。

なので、籠の横に消毒液をそっと置くことにしました(使ってくれるかな?)!

そういえば、コロナウィルス防止のために、院内に啓発ポスターをたくさん貼ったんですけど、なんというか、あまりにもセンスがなさ過ぎたようで、今はすべて剥がしてしまいました。


修道院といえども、いろんな考えをもった人の集まりだし、そもそもみんな立派な大人だから!

たとえ啓発ツールがなくっても、ちゃんとやる人たちだと信じることにします!!(言い聞かせ中)


あ、ちょっと脱線しちゃったけど、霊的花束の内容をいくつか紹介してみます。

もし良ければ、祈りのヒントにしてみてください!

来日70周年おめでとうございます!!

嬉しいことを素直に嬉しいといえるような人になりたい。

世界中でコロナウィルスの影響が出まくっている昨今。

今、自分にできることは、家の中でじっとして祈るぐらいしかない…。

医療に携わる方々の健康とそのご家族のために祈ります。

頑張っている方々の心が少しでも休めますように!

日本では事態の収束を願って、アマビエの絵を描くツイートが増えているそうですが、「マリア」という言葉が6回も出ているので、マリアさまの絵を描いてみるのもありかも!?

これも切ない。

というか、はがゆい思いでいっぱいになる。

一日も早く救援の手を届けてー!

引き続き、健康には十分気をつけて、聖母月をお過ごしください!


聖母マリアの取り次ぎを願いつつ、祈りをささげます!!

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。