ご近所桜をそっと愛でる

とまにちわ!


このようなご時勢。

ビビリだからまったくもって悩ましい日々。

うむむむ。

それでも東京は桜の季節へ。

散歩できる今のうちに、今年の桜をそっと愛でておきたい。

そういうことで、写真多めでお届けします。

のんびりした気分で桜をお楽しみください!

スタートは迎賓館赤坂離宮前。

ちなみに27日から29日まで一般公開は全て中止されています。

一旦、赤坂方向に向かいます。

新宿区から港区へ!

迎賓館東門。

もともとは紀州藩徳川家中屋敷の建物の一部でしたが、

明治末期に移築改修され、現在は迎賓館の東門として使われています。

紀伊国坂。

坂の名は、江戸時代に坂の西側に紀州藩上屋敷があったことから。

付近の赤坂という地名の由来になっています。

信号を左に曲がると、上智大学のグラウンドと奥には四谷駅。

抜け感がいい!

横を向くと東門と迎賓館と桜。

ちなみに道路の下には首都高速4号線も走っています。

ここから四谷の土手へ!

港区から千代田区へ。

まだ満開じゃない感じだけど、天気がいいから気持ち良い!

とてもきれいだなー。

桜の奥には新宿のビル群。

東京メトロ丸ノ内線。

地下鉄感ゼロなのもいい。

階段降りるとソフィア通り。

ソフィア通りは桜道!

白い。ホワイト。ビアンコ。

すごい生命力で感動する。

教会前の桜はほぼ満開。

この時は換気中のよう。

ちなみに、イグナチオ教会は、3月28日から4月12日まで、すべての聖堂が閉鎖されます。

「なるべく教会に来ないようにしてください」ということです。

みんなでいのちを守りましょう。

ちょっと切なくなってきちゃったので、景色を眺めよう。

そして平穏な暮らしを祈願します。

そういうことで、

上智大学のグラウンドを巡るようなルートでぐるりと一周してみました。

みなさま、くれぐれもご自愛ください。

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。