新年はテーブルクロスで生活環境を整える

とまにちわ!


遅くなっちゃったけど、あけまして今年もよろしくお願いします。

オリンピック・イヤー2020も始まっていますが、年末年始もいろいろありましたよね。


そんな年末年始は、怖いしかない犬と年末年始をどう過ごすのか?

ただひたすら犬のことしか考えていなかった!

苦手な犬と仲良くなる方法をネットで調べたり、ユーチューブの動画で確認したり。

それが功を制したのか、はたまた犬のほうが賢いのか、ぐんぐん距離感を詰めてくる!

気がついたら横で寝てたり、撫でてあげるとお腹を見せてくれたりして…。

まだ怖いからグーで撫でてるけど、キミはそんな無防備でいいの?

そして、最終日には抱っこもできるようになって、むしろかわいいへ!


だけど時間が経つと、また怖いに戻りそう…。


そんなこんなで、修道院でも年末年始にかけての懸案事項も一つ解決!(たぶん)

それは10数年使い続けていた、食堂のテーブルクロスを変えること。


ちなみに以前のテーブルクロスはオレンジの縞模様。

一見分からないけど、裏面はシミ汚れがヒドいものでした。


シスターからの要望もあって、クリスマス前に交換することにしました。

ちなみに購入したのは、「お値段以上〜」のあそこ。


バリバリのビニールはどうなのかと思って購入したのが、撥水加工で花柄模様が入ったベージュのテーブルクロス(ポリエステル)。

修道院の食堂だから、やっぱり上品なのがいいよね!

クロスを広げて各テーブルにセッティング。

シスターからも「きれいになった」と喜びの声。

が、しかし。「でも、汚れるのが心配だわ」という反応が…!


「ええっと、撥水加工してるから、汚しても拭けば取れます! と、お、おもいまふ」

「あ、あと、洗濯もできるし…」


「そうなのね」

「そうね…」

ちょっと不安に思ってたら、同じようなことを会員からも言われてしまう始末!(悲)

おまけに、自身のテーブルスペースに、このクロスが汚れないように、透明のシートを持ち込んで使ってる人まで現れるし。


みんな繊細で神経質なんかい!


いや、きっと自分がざっくりし過ぎているんだ。うん。

だったら、ビニールでツルツルのテカテカを敷いて安心してもらおう。

みんなで食卓を囲むことの大切さに着目していこう!

ということで、年始になって第二のテーブルクロスが到着。

せめてもの抵抗は(?)、単なる透明ビニールではなく、薔薇の絵柄が入ってるものに!

これで、テーブルの汚れや傷もしっかり防止。

おまけに、食器やコップもすべりにくく、音も静かになるんだって!

これでどうだ!!


というわけで、来たるべきオリンピックに備え、次はテーブルクロス引きにチャレンジしてみることにします。

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。