あなたには考える力がある

とまにちわ!


10月の最後の日曜日(2019年は10月27日)に、パウロ家族は師イエス・キリストの祭日を祝います。

そして、この祭日を迎える準備といえば、ノベナ!(鉄板)

四谷修道院では夕方の聖体訪問の中で行われています。

今年の師イエスのノベナは、創立者の精神にスポットを当てて行われています。

聖体顕示の後、『パウロ家族の祈り』を共同で唱え、第一朗読はパウロの手紙から読み、

その後、「師イエスの向かう祈り」を唱え、第二朗読として創立者の著書を読むことになっています。

ちなみに、今日10月25日、第八日目のテーマは「天国」。

祈りは「師イエスへの射祷」。

第一朗読は「一コリ 15・50〜58」。

朗読後の祈り「師イエスの向かう祈り⑶」。

第二朗読は「聖体のみ前における四終についての黙想」より。

となっています。

せっかくなので、第二朗読の「聖体のみ前における四終*についての黙想」の一部を紹介しておきますね。

(*死・審判・天国・地獄を合せて「四終」と呼ぶカトリック教会の用語)


「天国は、永遠の善、すなわち変わることのない善である。この世の生は短い、日々は飛び去ってゆく、歳月は流れ去る。年を取るとともに、それはますます短くなるような気がするのである。しかし天国には、決して終わりがない。永遠。わたしたもの母国は天国である。そこには、暮れることのない日、老衰を知らぬ若さ、苦しみの恐れにかき乱されることのない喜びがある。わたしたちが、わたしたちの善であり、唯一の永遠の善である天国を考えないならば、自分自身に対して大きな不正を侵すことになろう。天国を考えれば、わたしたちはもっともっと勇気がわいてきて、喜びと、より大きな力をもって歩くようになるであろう。今は骨をおって実行している徳が、いちばん美しい愛すべきものに見えるであろう。」


なんていうか、

日々の現実の忙しさでグチみたいなことを考えていたから、足りないのが補充されていく感じ。

天国にもうすこし目を向けて、気に留めることを意識すると、ものの見方や考え方も変わるような気もするし。


思えば、天国って美しい。


これって、人の深い部分にずっと流れているテーマのひとつなのかも。

そして、人にとって、なくてはならない、大切な要素なのだと。

だからこそ、考えて考えて、積み重ねて、道を切り開いていくのかな。


さいなことからでもはじめよう。


…あ、なんだかいつもと違う感じになっちゃった。

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。