救急車に乗ったことある?

とまにちわ!


いろいろあって逆にブログ書けない。

この1週間が、まさにその状態でした。


修道院の半分くらいのメンバーが、年の黙想で不在になり、

修道院のお留守番役をすることになりました。


が、いきなり初日から、部屋で倒れている人を発見することになるのです!

ひええええ〜。

体調がすぐれない会員の食事を部屋まで持って行ったら、

ベットから落ちていて、床に突っ伏しているではないですかー!


おそるおそる、話しかけると、なんとか会話はできる!

が、どうにも体に力が入らないという。


こ、これは、こ、困った。

あきらかに様子がおかしい。

というか、この状況、やばいんですけど!


実は、数日前から、かなり危うい感じだとは聞いていたのです。

お風呂場や道端で倒れていたりだとか…。


なので、もしもの時は、救急車をお願いしよう思っていたので、

「救急車を呼んじゃいますよ!」と伝えて、「119」にダイヤルしました。


程なくして、救急車が到着。

状況の確認をされて、付き添いとして救急車に同乗することに。


救急車の中でも、倒れていた時のことや、持病や飲んでいる薬など聞かれつつ、

あっという間に、病院に到着(近くの病院でよかった)。

救急車の中でも、病院でも、最初のうちは「息子」だと思われていたのが、

「他人」だと分かった途端、なんだか怪訝な顔をされてしまいました。


たしかに、修道院とか教会とか言っても、よく分からないかも。

「社員寮みたいな?」とかも言ってみたものの、うまい例えにはならなかったようで…。

とりあえず、いろんなところで、間柄はすごく聞かれた記憶があります。


そんなこともありつつ、病院では、ひたすら待つのみ!

と思っていたけど、修道院にも状況を連絡しなくてはならない。


「帰れるの?」

「それとも入院なの?」

「入院させた方がいいんじゃない?」


ただ、待っている身としては、そんなこと分かりません!

と、スマホの画面を見ながら悶絶するのです。


それから待つ事、およそ4時間。

そこそこな深夜に突入。


このまま入院治療することになり、入院手続きをすることになりました。

夜も更けていたこともあって、なんだか言われるがままに書類に記入し、

なんとか病室にまでたどり着けましたー!!

そんなこんなで、次の日からも毎日、病院に行くことに。

その間にも、ホームページの更新とか、ビデオの撮影と編集、フリーペーパーだとか、

もちろん、修道院のもろもろの対応とか、なんだかやることでいっぱい…。

ひええええ〜。


ちなみに、入院した会員は、おかげさまで、今月末に退院できることになりました!

そして、黙想に行っていた会員たちも帰ってきました!!


よ、よかった…(安堵)。

TomaP

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。多様な話題や情報を掲載しています。