教皇大使の十字架が新バージョンになってた

とまにちわ!


梅雨も明けて、連日厳しい暑さが…。

アイスクリームのお時間がついに到来です!

それ、当たりじゃない?

そして、聖パウロの祝日に教皇大使(駐日ローマ教皇庁大使)さまがいらっしゃるのも、

すっかり当たり前の光景に!

今年は一等書記官の神父さまも一緒にいらしてくださいました。

相変わらず、会話らしい話は全くできませんが、

カメラを持っていれば、かなり至近距離まで近づけるようになりました!!

もしかしたら、カメラのファインダーを通すことで、

視覚からの情報をうまくコントロールして、今まで怖いと感じていたものも怖くなくなるかも…。

この調子なら、目の前にクマが突然現れても、怖くはないかもしれない!

むしろ逆に近づけばいいのだ!?

いつものように遠巻きで見ていたら、

今年は教皇大使さまが首から下げている十字架が、

前に見た十字架とちょっと違うような…。

調べてみたら、2013年にいらっしゃった時の十字架はシルバー。

今年はゴールドの新バージョンの十字架だっ!

こ、これは、近くで見たみたい。

でも、持ってきたカメラが単焦点レンズだったから、ズームができないのです。

これは自ら近づくしかない…。

そこで近くにいた人を通して、教皇大使さまの十字架へ接近することに!

すみません。

よい牧者イエスの十字架の周りには宝石らしきもの(?)も埋め込まれていて、ちょっぴりゴージャス。

ちなみに、裏面はなにもなく、つるんとしていました。

そして、薬指にはめていた指輪は、聖母マリア(不思議なメダイ)。

同じゴールドカラーでコーディネートされていました。

こういうのって、どのくらい持ってるものなんだろうか?

などと思いつつ、またも教皇大使さまのお顔をアップで撮るのを忘れてた~!

あわてて撮った写真だったけど、素敵な表情をキメてくれました!!

後は風のごとく逃げ切りました!(苦笑)

次回は、豪華すぎた会食の料理を、ぜ~んぶ舐めまわして見てみようと思います。

お腹を空かせてお越しくださいね。

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。