フリーペーパー「ぱうろかいのねっと」Vol.3(冬号)を作りました

とまにちわ!


のねっと。

実体はわからなくても、妙にそそられる響き。

その時点で、ネーミングとして成功と言えるでしょう!


そんな、あつあつ状態のまま(?)、

「ぱうろかいのねっと」Vol.3(冬号)を作りましたよー。

これであったかい冬を迎えることができますね。

そういえば、こないだ、ある神父から…

「のねっとっていうタイトルがいいね。」

「あなたらしいネーミングの付け方だ。」

などと言われてしまいました。


こんなこと、面と向かって言われたの初めて!

「あ、ありがとうございます!」とは言ったものの、

「でも、よく見てください。正確には「ぱうろかいのねっと」という、なんのヒネリもない名前なんですよ。」

なんてことはとても言えませんでした(苦笑)。

どれだけ認識されているのか分からなかったから、

反応があるだけで、素直にすごく嬉しいです!!


ということで、「ぱうろかいのねっと」Vol.3(冬号)は、

文字数と情報量と紙質までも大幅アップ!!

澤田豊成神父の、ここでしか読めない書き下ろしコラムも掲載!

これは完全に語り継がれる!!

そんな「ぱうろかいのねっと」Vol.3(冬号)は、2018年12月初旬より配布予定です。

東京・大阪・京都・福岡・長崎のサンパウロなどでもゲットできるはず。

今回も、あなたのことがずっと好きでしたの、2,000部発行!!

クリスマスカード代わりに受け取ってね。

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。