大谷石造りの美しいカトリック松が峰教会を見に行って来た

とまにちわ!


年末年始って暇ですよね。やることない。

暇なのは自分だけなので、ちょっと遠出してみました。


あ、今年もどうぞよろしくー!

のんびりと。


さて、そこは、栃木県宇都宮市の中心部に位置する、石造りの聖堂が目印の教会です。

前から一度訪れてみたかったんです。

カトリック松が峰教会は、近代ロマネスク様式を基調にした建築が特徴。

宇都宮特産の大谷石を大部分に使い、国の登録有形文化財にも指定されています。

一般の方も教会内部や敷地内の見学ができます。

カトリック松が峰教会は、1888(明治21)年にパリ外国宣教会のカジャック神父によって川向町に「宇都宮天主堂」として建てられました。そして、1895(明治28)年には、現在の土地に移転。

現在のカトリック松が峰教会の聖堂は、上智大学1号館を設計したスイス人の建築家マックス・ヒンデル(1887-1963年)によって、昭和7(1932)年に竣工されました。

両サイドから聖堂にアプローチする正面階段と,八角トンガリ屋根を頂く、日本では数少ない双塔持った教会建築となっています。

石造りの建物だけど、大谷石の温かい感じが重厚さに加わっていると思いました。

外壁・祭壇・柱など、ほとんどが大谷石造り。

大谷石の建造物としては日本最大なんだそう。

石造りの建物ですが、窓が多いのでかなり明るい。

ステンドグラスも素敵なのです。

静かにたたずむと、心がリラックス!

遠くから見ても、近くで見てもキレイな教会。

オーラも凄いです。

夜はライトアップされるそうなので、それも見たかったなぁ。

暇がもたらしてくれた贅沢な時間を満喫することができました。

●カトリック松が峰教会(さいたま教区)

〒320-0807 栃木県宇都宮市松が峰1-1-5

TEL:028-635-0405 FAX:028-635-9666

TomaP

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。多様な話題や情報を掲載しています。