死んだらおしまいではない

とまにちわ!


カトリック府中墓地で山口神父の納骨式。

もう何度も納骨式に参列しているけど、やっぱり切ない。

今年は、新型コロナウイルスの影響で、病院にお見舞いにも行けず、

一人で息を引き取ったことを思うと、とても胸がしめつけられます。

でも、さまざまな困難を乗り越えてきた神父さんだから、

今はきっと、天国で安らかに過ごしていると思います!

そんなしんみり感でいっぱいになるはずだったんですが、

実は、渋滞に巻き込まれて、開始時間に間に合わないという事態になってました。


おまけに、電車で向かった一人以外、誰もが時間には辿り着けないことが判明。

シルバーウィークの日曜日、なめてました。

乗っていた車は、開始予定時間を30分ほど過ぎて到着したものの、

一番大事な、遺骨を乗せた車がまだ来ない!

結局、式は1時間ほど遅れて始まることになりました。

それでも間に合わない人が!

そんなことなで、気がつけば、お墓にいる時間がたっぷりできました。

これはきっと、そういうことなんだろうな。

誰かこっそり教えてほしい。

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。