パウロ家族で「Zoom」できました


とまにちわ!


コミュニケーションのインフラとしてすっかりおなじみになった「Zoom」。


だけど、ふだん会議することもないし、そもそもZoomする友人すらいないので、「Zoom」のこと知らないんです。


そういえば、音声SNSの「クラブハウス」も一瞬話題になりましたね。

結局入れないまま、気がつけばもう終わってる感がする…。


そういうことで、新しいコミュニケーションツールに、全然ついていけなくなってきました。

そんなこと思っていたら、パウロ家族で「Zoom」を使った分かち合いが開催されることに!

今年は、パウロ家族の聖書年を過ごしているのですが、コロナ禍でみんなで集まることはできないので、「Zoom」でやってみることになったんだそうです!


そんな記念すべき、パウロ家族でやった初めての「Zoom」報告。

テーマは「聖書年をどう過ごしているのか?」でした。


ちなみに、私は後ろの方で見ていただけです。

今回は「Zoom」に参加する人(発言者)は事前に各会から選ばれていました。

開始時間になると、続々と参加者たちが画面に出てきました。

とりあえずの決まり事として、参加者は各自のマイクをミュート(消音)に。

発言の時にミュート解除してしゃべるということでした。

そうしないと、みんなの声が一斉に流れて会議に支障がでるのだとか。

そんなルールがあるんだ!と納得していたら、

参加を開始しようとするシスターの話し声が聞こえてくるのです。


進行役のシスターが「ミュートにしてくださーい!」と呼びかけているののの、

そのシスターには届かず、会話が筒抜けになっていました!

なんだか可笑しくてみんなニヤニヤ。


あと、通信状況が悪くなって突然いなくなる人とか、機材の不具合で会話が途切れる人とかもいて、

全然うまくいかないライブ感もあって、なんだか面白くなってきました。

というか、「Zoom」に参加しているメンバーたちがなにより楽しそう!

コロナ禍で会う機会がなくなってしまったので、こうやってミーティングするのが久しぶり。

嬉しそうに会話する表情も良かったです。

そういうことで、予定していた時間もあっと言う間に終了。

初めてということもあって、結構盛り上がりました。

好評につき(?)、第2回目も開催されるのだとか。

新しい地平が開いたかもしれないです。

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。