全会員の集いおつかれさまでした

とまにちわ!


コロナでのびのびになっていた全会員の集いが、先日開催されました。

すごい人数になるかと思ったけど、会員ってこんな数だっけ?というくらい減少してました。

なんとも言えない切ない気持ち!

集いは、パウロ家族固有の祭日、使徒聖パウロのミサから始まりました。

ミサの中では、神学生の祭壇奉仕者選任式も行われました。

なんでも、祭壇奉仕者の次は助祭叙階、そして司祭叙階へと続くそうです。

いつもたくさん頑張っているので、たまにはゆっくり休んでくださいね!

そういえば、ミサの後で「おめでとう!」と声をかけてみたものの、その後の展開を何にも考えていなくて無言に。

気持ちはあっても言葉にできないというか、年下になんて声をかけていいのか今だに分からないのです。本当ごめん。

集いとは言うけれど、その内容は報告とか分科会があったりだとか。

うっすらと汗かくくらいに難しいというか、ぜんぜん楽しくないのです。

想像してたのと違う!(これは会議ではないか)

そんな会議の最初で、新型コロナワクチン接種についての話も出ました。

すでに2回の接種が終わった人が数名いたりして、ワクチン接種進んでいるんだなぁという印象。

ちなみに自分の場合は、すっかり出遅れというか、区の集団接種は対象年齢にまだ入れてもらえず。

大手町の大規模会場はすでに満杯。近くの病院の個別接種はワクチン不足で予約できず…。

そんなこんなで、お昼ご飯は「やよい軒」のお弁当を食べるのです。

唐揚げ、和風ハンバーグ、サバの塩焼きから選べました。

みんなは集まって食べていたけど、一人ごはんしてしまうクセが。

やっぱりこっちの方が落ち着く…。

午後からの会議が始まって、ふと隣を見たら可愛すぎるグッズをもってるブラザーが!

おじさんはカワイイものがお好き…なんですね(若干引いてしまってごめんなさい)。

会議の内容はお伝えできないけど、予定の時間をオーバーしてなんとか終わりを告げました。

特に何もしてないのに、どうしてこういう会議って異様に疲れるんでしょうか?

帰り際にふと見たら、会員の撮影会がなぜか行われていました。

感じのいい笑顔は自分以外の人をも幸せにすることができるんだ!

みんなが幸せになれる魔法、それが笑顔。

どこも間違ってないですよね。

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。