その辺で見つけたもの

とまにちわ!


ゴールデンウィーク。みなさまいかがおすごしでしょうか。


修道院では、数日前に年の黙想から会員たちが帰ってきました。

だからといって、何かすごく話すというわけでもないけど、いるといないのでは雰囲気というものがまるで違います。

おかえりなさい!


地に足がついていないからなのか、フットワークの軽さが生かされた写真のいくつか。

ラインナップはこちらです。

シスターの聖堂の一角にあるもの。

パウロ家族の創立者、アルベリオーネ神父のことばと聖遺物。

聖遺物は、一瞬、花びらかと思ったけど、近くで見てもそれがなんだかよく分からない。

布の切れ端とかかな?

歩いてたら、あのスポーツの祭典。

早々に退散せねば、と思ったけど新しい建物ができている!

それはオリンピックミュージアム!

りっぱな施設です。

だけど、スポーツに興味ないので。ごめんなさい。

そういうことで、歩いて渋谷まで行けることが分かりました。

シブヤデアイマショウ!

まさかチケット当たるとは思ってなかったので、(緊急事態宣言前に)行けてラッキーでした。

とっても素敵なショーが見れて夢が叶いました。ありがとうございます。


修道院とは目と鼻の先。

興味あるけど、興味ないフリ。

迎賓館を見てると、一瞬どこにいるのか分からなくなるのです。

旅行に来たみたいな非日常。

やっぱり気になる存在。

たまにこうしたのがあると、なぜだか負けた気持ちになります。

だったら、もう買うしかないでしょう!

それも3種類も。

そのうち、ゆるい動画で開封するつもり。

若葉修道院に行く途中の空き地。

オレンジの花がたくさん咲いていました。

結局、こういう景色がなんだか一番落ち着く気がします。


そういうことで、意識の低い散歩が多めになってしまいました。

よい聖母月をお迎えください!


TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。