知らなかった最新の霊柩車

とまにちわ!


亡くなった山内重夫修道士を偲んで少し。

この数年間は修道院の自室で治療に励んでいました。

ちなみにその部屋は自分の隣。


なので、昼夜、その声というか、生きている音が聞こえていました。

それが聞こえなくなって、今はとても静かなのがとっても切ない。

そういえば、寝たきりになる前には、時々、病院に付き添って行ったり、

身の回りのお世話をしたこともありました。


病院では、長い待ち時間をなんとかしたいと思って、

好きだった「時代劇」のドラマをスマホで一緒に見たり、

時には悩み相談に答えてもらったり!


うまいこと言えないけど、お父さん的な存在だったのかも。

実の父にもどこか似ていたような気もするのです。

長い間、お疲れさまでした。

そして、本当にありがとうございました。


これからも天国から兄弟たちとともに見守ってください。

どうかよろしくお願いします!

そんなこんなで、情緒が変な感じになってるここ数日なんですが、

最後のお別れのシーン(出棺)を撮っていた時のこと…。

不意に気になる、洋型霊柩車。

トランクパネルが開いていて、棺を収納するスペースが丸見え!

棺を入れるためのレールがあるのですね。

この写真を50年後の人が見て不思議がりますように。。。

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。