コロナ禍での修道院のマスク事情

とまにちわ!


一歩外に出れば、マスクは着けていない人がいるとびっくりするくらい、当たり前のことになってきました(変だけど)。

そういうことで、新型コロナウイルス感染拡大で急激に変化した、四谷修道院のマスク事情。


昨年の第1波の時に比べれば、マスク不足には陥っていないので、

修道院でもマスクを安定して置けるようになりました。

みんな使ってね!

ただ、修道院内ではマスク着用のプライオリティは人それぞれ。

とりあえず、みんなが集まって祈る聖堂では、とにかく着けることが大事なのでは?


などと思っているけど、マスク着けない人は変わらず着ける気配がない!

なぜ、なぜなんだ!!

あ、もしかすると、

マスクを着けると、気分が悪くなったり、体に異変が生じてしまうなど、

マスクを着けたくても着けられないのかもしれない!


あと、感染予防としてのマスクには賛否両論あるのも分かるので、

無理強いはできないなぁと思っていたのです…。

それが、なんと、先日、四谷修道院の感染症予防対策として、

「カトリック東京大司教区が発表した「感染症への対応」に従い、

聖堂内ではマスクを着用いたしましょう。」という発表があったのです!

ちょっと遅い気もするけど、今やマスクをするということは「相手への思いやり」。

いいことを言ってくれました! と、実はちょっとホッとしたのです。


これで明日からは、聖堂内ではみんなマスク着けてくれるかも!

もう、派手なクシャミとか、止まらない咳に怯えなくていいんだ!!(大げさ)

などと、期待して聖堂に行ってみると、特に変化見られず…。

マスク着けない人は、全く変わらず着けない!


当初の計画と、現実が違うことがあるのは仕方がないこと。

人には性分というものもあるからしょうがないのです。


すっぱり諦めようかと思ったんですが、まだ諦めを捨てきれないこの気持ち…。

そうだ、マスクを聖堂内にも置いてみることにしよう!

諦めたところからスタートすることもあるものです。

それぞれの個性を愛でることにしよう。


※マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。