声が通らない

とまにちわ!


声がこもっててよく聞き返されてしまう。

もしかすると、単に伝えようとする意識が低いのかも…。


そんな個人的な哀しみはとりあえず横に置いて、

これといった話題もないので、ユーチューブの生配信のこと!


実はこの11月は怒涛の生配信なのです。

ちなみに次回の生配信は、11月23日の誓願50周年の記念ミサ。


でも、たまにしか生配信しないので、直前になって慌てることが多発しがち。


開始時間なのに、ネットに繋がらない!

開始時間なのに、パソコンのアップデートがある!(再起動)

開始時間なのに、映像が映らない!


おまけに、今回は生配信する時に使うパソコン用のソフト(OBS)を使ってみよう!

などど、急に思い立って、勘だけを頼りに、いきなり使ってみたり…。


これも一人(素人)でやっているからできるというか、客観的に見ると危なっかしい!

というか、もうどうしていいのか分からないというのが、実は本音。

そんな限界を感じつつも、配信すること自体に意味があるのだー!

などとよく分からない方向性で、自分で自分に鼓舞してみたりしています(どうかしてる)。


ともあれ、生配信という形はハードルが高くて緊張するものです。

手も震えているので、カメラをズームすると必ず画面が揺れるのです!(ごめんなさい)


おまけに、祭壇との距離もあるので、声が通らない…。

そのため、声が届くように、音をワイヤレスで飛ばして、近くにスピーカーから流れるようにしてもらっていました。


が、しかし。

本番では近くのスピーカーから声が出てない!

いや、正確には出る時もあるけど、肝心のお説教の場面とか、ミサの中心部なんかの声が全く聞こえないのです。

うーん。

安易に人に頼ってはいけなかったのか、それとも人に頼る力が足りなかったのかな?

一体どうしたら…(マイク機材は買えない)。


などど、ビデオカメラの説明書を眺めて見ていたら、「内臓ズームマイク」機能を発見したのです!

それは、ズームと連動して、臨場感のある音声を記録できる画期的な機能なんだとか!!

もしかしたら、ズームで被写体にじわじわ寄っていくと、迫力が出るかもしれない。

有無を言わさぬズームの効果で、被写体になにか力が宿ったように見えるかもしれない!


そういうことで、「内臓ズームマイク」をオンにして、世界のあらゆる問題を解決することにします!?

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。