最近の感じをまるっと3行で

どうでもいい写真を見て、こころ奮わす季節となりました。

ちなみに、瞳孔がひらくと赤目写真になれるらしいですよ!

すでに何を言っているのかわからなくなったので、早速どうぞ。

修道院の前の公園にオープンしてた「迎賓館赤坂離宮休憩所」。

奥の木々の隙間から見えるのが修道院。

すごく贅沢な場所にあるのがなんだか申し訳ない気持ち。

おしゃれなカフェも広がっていて意識超高め。

行くことはないだろうなぁと思ってたら、すでに行ったという会員が!

織田裕二みたいに叫びたい。

いつの間にか四ツ谷駅にできていた「江戸城外堀跡展示広場」。

四ツ谷駅周辺に点在する江戸城の外堀の遺構と、明治以降の鉄道の歴史が紹介されています。

中央線の四ツ谷駅から御茶ノ水駅にかけては、明治期に建設された鉄道なのですね。

開業当時は、甲武鉄道。

外堀の際に鉄道が敷設される際は、景観に配慮した建設がなされるよう東京市から甲武鉄道に指導があったんだそう。

奥深いですね。

そんな歴史ある中央線が見える場所へ。

甲武鉄道が明治27年の開業時に開通させた複線用のトンネルが今もあります(無駄に4K動画)。

そんな中央線をぼんやり見るもの悪くないというかむしろ好きな方。

気づいたらヘトヘトだったスータンを新調。

シスターが二人がかりで綺麗に畳んで袋に入れてくれました。

が、ただ写真を撮りたいがために、もう一度出してもらうことに(ごめんなさい)。

刺繍の名前入りタグまで付いていました。

初心に帰って大切に長く着ようと思います!

ただ、今だに中身が伴ってないから、着てる時の気持ちの置き場が分からない。

そんな時には散歩が一番。

特にふさわしい季節はないと思う。

いちょう並木が名所の神宮外苑へ。

近所の木々が色づいて綺麗なのもおすすめです。

道路の奥には女子修道院の十字架も。

「ありがとう」という感じになります。

最後は修道院前の通り。

白い壁が印象的な若葉キリスト教会はご近所なのです。

いまはただ、秋の気持ちの良さに身をまかせることにします。

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。