ミサ中に入れ歯が飛んでくる

とまにちわ!


受け取り期限が迫っていたので、恐る恐る、歌舞伎町にある新宿区役所へ。

遅ればせながら、マイナンバーカードを取得しました!(不安しかないけど)


ま、それはさておき、区役所に一角に設置されていた「入れ歯回収BOX」を発見!

入れ歯を回収するって、ちょっとビックリ!!

どうやら入れ歯には高価な金属が含まれているそうです。

日本全国の入れ歯を、すべて余すことなく集めることができたらものすごいかも…。


そんな入れ歯で思い出したのが、ミサ中に入れ歯が飛んできた日のこと。

ちなみに、カトリック東京大教区では教会活動が少し緩和されて、75歳以上の司祭も聖体授与が行うことができるようになりました。

が、神父さんに確認したら「継続してください」と言われてしまったので、臨時の奉仕者は継続することに…。

そんなある日のミサ。


いつもマスクをして、杖をついて共同司式をされる高齢の司祭が、今日はマスクをしていない。

マスクは規制緩和されたんだっけ?


などと思いつつ、ミサは聖体授与の役目も無事に終え、司式司祭と祭壇の片付けをしていたその時。

背後から「ゴン、コン、コン、コロン」という音が!

使っていた杖が、倒れて滑ってしまったのかと思って振り向いたら…。

杖がない!

というか、杖じゃない!

それは、い、入れ歯?!


入れ歯は、祭壇のある内陣を飛び出していました(飛距離すごい)。


「どうしよう」


脳内でつぶやいたつもりが、思わず声に出してつぶやいてしまうのです。

聖体拝領後ということもあって、素手で掴めないビジュアル。


「そうだ、手拭きの布を使おう」


目の前にあった、清めの時に使う手拭きの布で、入れ歯を拾うことにしました。


そして、入れ歯は無事に司祭の口の中に!

というか、洗わなくていいの? そのまま入れちゃうの?

なんだろう、このシチュエーションの可笑しさは。

また一つ、世界の見え方が更新されました!

TomaP 修道院の生活はこんな感じでどうでしょう

カトリックの聖パウロ修道会の修道士によるエッセイ。修道院の小窓から見えるさまざまな話題や情報を綴ります。