これが修道院のおもてなし応接室だ!

修道生活

とまにちわ!

やってきたのは、四谷修道院の応接室。
玄関入ってすぐのところ。
個人的には使うことはないけれど、おもてなしに必要となることがあるかもしれない。

dsc_0056
そういうことで、今日は全力でぶつかっていきたい。
「応接室の中にあるものコレクション2016!」
というか、近くまで行って(うっとり?)眺めるだけですが。

dsc_0034
ボリューミーなドアを開けると、黒革のソファーがドーン!


応接室には出入口のドア以外にも、部屋の左右にそれぞれひとつ、計三つもなぜかドアがある!

dsc_0041
ソファー横の飾り棚には上から時計。

dsc_0043
用途のわからない小さい小人が乗ってるミステリアスな船。

dsc_0044
アルベリオーネ神父の丸い置物。

dsc_0045
エルサレムの絵皿も仲間入り。お洒落カラフル。

dsc_0046
そして飾り棚の隣にも飾り棚。和風の聖母子像は美魔女に通じるただならぬ雰囲気。


もちろん応接室といえば、壁にかかった絵画だ!

dsc_0050
教皇さまや創立者や総長の顔写真も壁にかかってます。

dsc_0055
テーブルには「家庭の友」と「希望の丘」。そしてティッシュが二箱。

dsc_0052
やたらとボタンの数が多い電話機も!

dsc_0053
床には青色のLANケーブルの配線がバッチリ見えてる。コレはポップ!!

dsc_0054
かっこいいんだか、突っ込むべきなのか、笑うところなんだか、よく分からなくなってしまいました。

小学生スタイル(?)での紹介になってしまったことをご容赦ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で