たまに行くなら

石の教会・内村鑑三記念堂に行ってきた

とまにちわ!

寄り道に成功(?)して、やっと軽井沢の石の教会・内村鑑三記念堂に行くことができました。
もう何年も前から、「趣がある素敵な教会がある」って聞いていて、「いつか行ってみたい〜」と思ってたんです。
前回のパン屋さんから歩いて15分くらいのはずだったんですけど、道に迷って30分以上かかってしまいました。

IMG_0430
どうにか入口まで到着したと思ったら、いきなり牧師さんと鉢合わせ!
なぜだか、とっさに、背を向けて近くの案内板に見入るのです。
そして、牧師さんが教会の中に入っていく姿を見届けて動き出すわたしなのです。
ごめんなさい(苦笑)。

IMG_0458
石の教会は、明治期のキリスト教者・内村鑑三が唱えた「無教会思想」をもとに誕生した教会なんだそうです。教会とは、たとえ制度が「無」くても、たとえ信仰が「無」くても祈りたい人が自由に集うことが出来る場所ではないかという思想のようです(たぶん)。

IMG_0450
地上は礼拝堂、地下には内村鑑三記念堂になっています。
教会へは「石の道」と呼ばれる両壁面が石塀に囲まれた豪壮な道を通って行きます。


教会は石のアーチがいくつも重なり合い、建築史に残る希少なデザインが特徴です。
この教会はアメリカ人建築家ケンドリック・ケロッグの手によるもの。
建物は内部から見ても独創的でなかなか面白いです。

IMG_0454
石は男性で、ガラスは女性を象徴しているそうです。
ケンドリック・ケロッグはフロリダ出身、自然との調和や地形の特徴を活かした造りになっていて、オーガニック建築家としての評価を得てるそうですよ。
確かに周りの緑とのコントラストもいい感じです。


「自然の中に神が宿っている」
そう思わせてくれる幻想的な建築物でした。
ウエディングでも人気なのが頷ける気がします。


●石の教会・内村鑑三記念堂
住所:長野県北佐久郡軽井沢町星野
電話:0267-45-2288
見学時間:9:00~18:00(挙式時以外見学自由)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ピックアップ記事

  1. もう後ろは振り返らない
  2. 五島の土産は神父とシスターで溢れている
  3. 四谷・荒木町を歩いてみる
  4. イタリアから総顧問が来日する
  5. 修道院でよく聞く口癖はこれだ!

関連記事

  1. たまに行くなら

    自由な時代を彩った風刺と笑い「パロディ、二重の声」展

    東京ステーションギャラリーで開催中の「パロディ、二重の声 ――日本の一…

  2. たまに行くなら

    フジテレビの跡地を見に行く

    とまにちわ!フジテレビは1997年3月にお台場へ引っ越す前は、…

  3. 個人的メモ

    四谷駅前再開発ビルの完成イメージがすごい

    とまにちわ!四谷駅前再開発に伴い、2004年から約11年間使っ…

  4. 使徒職

    「四谷駅前地区市街地再開発事業」解体工事にふるえる

    とまにちわ!「四谷駅前地区市街地再開発事業」。なんと、…

  5. たまに行くなら

    ときめきの東京国立近代美術館に行ってきた

    とまにちわ!常設展が特に素晴らしい。ということなので、東京…

  6. たまに行くなら

    藤田、フジタ、洗礼名はレオナール

    とまにちわ!東京国立近代美術館のMOMATコレクションで観た、…

最近の記事

おすすめの記事

アーカイブ

  1. 修道生活

    まぶたの上の大真面目
  2. 修道生活

    教皇大使との距離が一瞬近づいたパーティー
  3. 修道生活

    超知らんがなといった視点を連ねてみる
  4. 修道生活

    今日からできる認知症予防
  5. 修道生活

    大雪が降った日
PAGE TOP