迎賓館の本当の絶景ポイントはここです!?

たまに行くなら

とまにちわ!

この春から迎賓館(赤坂離宮)の通年公開が始まりました。
公開日になると四谷駅周辺はすごい人の波!
本館の当日券はすぐになくなってしまうみたいで、駅前では担当の人が「当日券は終了しました」と大きな声でアナウンスしています。
ちなみに、予約や当日券が必要なのは本館と和風別館ですが(入館料大人1,000円、中高生500円)、前庭は予約なし見学できます(入場自由で10:00~17:00。入場受付16:30終了)。

昔の迎賓館を知る人によると、「国会図書館だった頃は誰でも自由に出入りが出来、庭には草がぼうぼうと生え、近所の子どもたちの虫取りや探検ごっこの格好の遊び場だった」んだそうです。
なんだか贅沢。

ちなみに、戦後、皇室から国に移され、国会図書館などに使用され、昭和49年に現在の迎賓館として開館されたそうです。
それからここは、世界各国の国王・大統領・首相との会談・レセプション会場として、華々しい外交の舞台になっているのはご存知の通り。

Old_National_Diet_Library
そんな迎賓館を見るのに最適な絶景ポイントがあるんだとか。
なんでも、東京に4か所にしか存在しないという貴重な場所のひとつ!
それは、東京都都市整備局が決めた「眺望地点」!!

ゆりの木の葉っぱが茂るころ、迎賓館のこの眺望地点に立って見ると、周りの高層ビルが見えないんだとか!
本当に?
ならば、眺望地点を探さねばならないでしょう!!

ということで、駅からスタートして、眺望地点を見つけに行くことにします!
四ツ谷駅の赤坂口から出て、サンパウロがある四谷見附交差点方面に向かいます。

geihin---6
駅前の階段を下りたら、今度はくるっと方向を変えて、赤坂方向へ歩きます。
線路を左手にしてズンズン進みます。

geihin---8
もう、迎賓館も見えてます。
横断歩道を渡ると、迎賓館前に隣接する若葉東公園に到着です。

geihin---11
すると、、、いきなり、もしや、、、これが、、、?

geihin---15
おおおお!
眺望地点を発見です!!

geihin---16
これが、東京に4か所にしかないという、眺望地点のプレート!
ここからの眺めが絶景ってことですよね?(きっと)
で、撮った写真がこれです!!

geihin---17
ええ、まあ!
色のコントラストはいい感じ。
ただ、迎賓館がやけに遠い気がしなくもない・・・。

試しに、眺望地点から右にずれて、迎賓館も撮ってみることにします。


左にもずれて写真を撮ってみる!


たしかに、眺望地点から離れると周りのビルが写っちゃいますね。
というか、本当に、葉っぱが茂るころ限定の眺めだ!
ただ、やっぱり、迎賓館が遠い。
ならば今度は、眺望地点から前進して撮ってみることにします。

geihin---24
わーい。迎賓館近くなった!
あ、そうすると、やっぱり後ろのビルが入っちゃうのか(結構たくさん)。

うーん。

iPhoneのカメラだから無理があるのかも。
もしかしたら、望遠の一眼レフカメラだったら、うまくいくのかもしれない・・・。

ということで、画像加工で無理矢理アップしちゃいます!
で、これが、眺望地点から見た迎賓館の絶景ポイントです!?
じゃ、ジャーン!!!

ベスト
なお、この眺望地点、地上1.5mから見て建物の後ろ側に景観を損ねるものは造らないで!
という東京都の指針に基づくマーキングなんだそう。
ただ、指針策定以前のもの、あるいは計画中だった建物はそのまま造られたので、周りにビルが立ってしまったようです。

表示プレートは直径10cmくらいの小さなものなので、なかなか見つけにくいかもしれないですが、試してみてはいかがでしょう!

※東京都都市整備局が決めた「眺望地点」は、国会議事堂・迎賓館・明治神宮聖徳記念絵画館・東京駅丸の内駅舎の4か所です。

●迎賓館赤坂離宮
東京都港区元赤坂二丁目1番1号
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/akasaka/akasaka.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で