カトリック甲府教会を訪ねてきた

祈り

とまにちわ!

生まれて初めての甲府教会(山梨県)。
そこは、クラッシックな雰囲気漂う、厳かな祈りの空間がありました!

7
カトリック甲府教会は、大正14年(1925年)に献堂された、甲府市内で唯一現存する戦前期のキリスト教会建築なんだそうです。

5
三角のとんがり屋根に十字架、側壁にはアーチ窓と控え壁という教会建築のいわば王道。

10
聖堂内は荘厳な雰囲気。ステンドグラスや天井画、聖像も置かれています。

8
よく見たら、キリストやマリアなど6体の聖像の中に、1体だけ武士(?)のご像がある!
後で調べてみたら、トマス篭手田という殉教者らしい(なぜこの聖人なのかは不明)。

9
クラシカルな調度品もエレガント!
甲府教会って、超かっこいいぞ!

2
帰り際に司祭館に行ったら、主任司祭の田代和生神父さまが気さくに対応してくださいました。
神父さまがいれてくださったコーヒーをいただきながら、
聖堂の正面の十字架は、イタリアのアッシジから取り寄せた、(サン・ダミアーノの)十字架なんですよ!
なんていうことも教えてもらいました。

3
カトリック甲府教会
〒400-0032 山梨県甲府市中央2丁目7-10
TEL 055-237-2531

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で