元気になれる岡本太郎記念館

たまに行くなら

とまにちわ!

暑さのせいで、グラスの底についてくるコースターを剥がし続ける、今日この頃。
おかげで、まったく仕事が手につかない有り様!

それならばいっその事、表現意欲を爆発させてしまおう!?
ということで、岡本太郎記念館に出かけることにしました。
ちなみに四谷からなら、歩いて40分くらいで行けちゃいます!

6
岡本太郎記念館は、芸術家の岡本太郎が自宅兼アトリエとして使用していた建物。
アトリエ・客間・庭園は生前の姿を出きる限り忠実に残し,彫刻やモニュメント原型,芸術家具が展示されています。
そんな記念館は、今も岡本太郎のエネルギーで満ち満ちていました!!

13
館内は、1階サロン・アトリエ部分(常設)と、2階展示室、庭の3つのスペースからできています。
他の美術館と違い、ここは写真撮影もOK!

18
1階部分には、製作された主な造形物とともに岡本太郎氏の人形(リアル)が迎えてくれます!

3
その先にあるのがアトリエ!
このスペースは、生前のまま残されていて、机の上には実際に使用していた画材道具が並んでいます。

1
2階部分は企画展用の展示スペース。
開催されていたイベントは「岡本太郎の『樹』」というもの。

16
いのちを描きつづけた岡本太郎にとって、樹はなくてはならない重要なモチーフだったんだとか。

12
迫力ある作品をゆったりと見ることができます。

15
館内のいたるところに作品があります。

11
庭には、梵鐘「歓喜」や「母の塔」の原型、「犬の植木鉢」といった造形物が、あちらこちらに設置されています。

23
「犬の植木鉢」がかわいい!

24
ベランダから「太陽の塔」も出現してる!

21
青山という都会の住宅街にあるこじんまりとした記念館だけど、岡本太郎の奇抜な作品を見てると楽しい!
そして、なんだか元気が出てくる!!
だからもう、濡れたコースターは剥がしませんっ!(笑)

●岡本太郎記念館
〒107-0062 東京都港区南青山6-1-19
電話:03-3406-0801

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で