典礼

ストラに理解を示せるようになる

とまにちわ!

復活節は白色のストラを着用する季節なので、ストラとその色のことをちょっと調べてみました。
たまには真面目そうな方向も取り入れてみようと思います!
なにぶん慣れていないことなので、真面目にやってるつもりなのに、何かがおかしい・・・。

DSC_0152
ストラとは、叙階の秘跡を受けた、司教、司祭、助祭が、そのしるしとして典礼において着用する祭服のひとつです。
細長い帯状の形で、肩もしくは首から掛けて、前に垂らして着用します!
聖公会など他の教派では「ストール」とも呼ばれてるみたいですが、着用の仕方もカトリックのとはちょっと違うみたいです。
語源は「衣服、礼服」を意味するギリシア語の「ストレー(stolē)」からきてるようです。

DSC_0153
ストラの色は、その日の典礼色のものが使われます。
典礼色は、一年を通してキリストの特徴を表すもので、その意味合いは歴史的・心理的要因(!?)によってさまざま。
古代エジプトやメソポタミアの太陽崇拝では、白は光と神的な生命を表現していたり、ローマ人は誕生日に白い服を着て、倫理的な純潔と、神とともにある不滅の生命を求める気持ちを高めたんだとか・・・。
白が持つ潜在パワーってすごい!

DSC_0156
12世紀のエルサレムでは、主の降誕とマリアの祝日には黒、主の公現と昇天の祭日には青(!)が使われていたそうです。
そして13世紀初めには、教皇インノケンティウス3世が、祭日には白、殉教者の祝日には赤、回心の季節には黒、その他の季節には緑の使用を定めたそうです。
大昔の人もずいぶん悩んだことだと思います。

DSC_0157
ちなみに、1970年以降のカトリック教会の典礼色は『ローマ・ミサ典礼書』総則で次のように規定されています。

[白色]
-復活祭と降誕節の「教会の祈り」とミサ
-受難の日以外の祝日と祭日
-聖母マリア、天使、殉教者でない聖人の祝祭日と記念日
-諸聖人(11/1)
-洗礼者聖ヨハネの誕生(6/24)
-聖ヨハネ使徒福音記者(12/27)
-聖ペトロの使徒座(2/22)
-聖パウロの回心(1/25)

[赤色]
-受難の主日、聖金曜日、聖霊降臨の主日
-主の受難の諸主日
-使徒および福音記者の帰天の日
-殉教者の諸祝日

[緑色]
-年間の「教会の祈り」とミサ

[紫色]
-待降節、四旬節

DSC_0161
うすうす感づいていたけど、白が基本色(?)なんですね。
そして、白は神性を表しているのだと、心のどこかにとどめておきたいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ピックアップ記事

  1. ルルドから聖具がやってきた! その1
  2. エクストリーム・シェービングがハンパない
  3. 十字架の道行の祈り
  4. さよなら、サンパウロ宣教センター
  5. 「灰の水曜日」の灰を作る鍋が姿をくらます

関連記事

  1. 修道生活

    ルルドから聖具がやってきた! その2

    とまにちわ!連続でお届けしている「ルルドから聖具がやってきた!…

  2. 修道生活

    聖具室の机の上にあるもの

    とまにちわ!季節の変わり目は体調を崩しやすい人が少なくないのだ…

  3. 典礼

    葬儀ミサの映像

    9月14日(日)に急逝した、聖パウロ修道会総長、Silvio Sass…

  4. 祈り

    福者ユスト高山右近殉教者列福感謝ミサでもらったものを見る回

    とまにちわ!2017年2月10日に東京・カトリック麹町聖イグナ…

  5. 修道生活

    アドベント・キャンドルの飾り方

    とまにちわ!待降節が明後日に迫っているのに、アドベント・キャン…

  6. 修道生活

    「灰の水曜日」の灰を作る鍋が姿をくらます

    とまにちわ!灰の水曜日から四旬節に入ります。今年もいつもや…

最近の記事

おすすめの記事

アーカイブ

  1. 個人的メモ

    サンリオのキャラクターになる
  2. 修道生活

    教皇庁大使とワイン
  3. 個人的メモ

    最新の卒業ソングまとめ
  4. お便り

    復活!お便り紹介!!
  5. 修道生活

    「主の祈り」イカしている訳語はどれ?
PAGE TOP