「四谷駅前地区市街地再開発事業」解体工事にふるえる

使徒職

とまにちわ!

「四谷駅前地区市街地再開発事業」。

なんと、四谷駅前に高さ約145mのビルが建っちゃうようなんです。
それもあと5年後の、2020年の東京オリンピックの年に!
まじすか。

IMG_00001
そんな再開発の波が、
サンパウロ宣教センター(書店でない方)にも背後から来てました!
それも半端ないくらい!!

宣教センターの裏にあった、旧四谷第三小学校はご覧のありさま。

IMG_0007
すごいことになっているーー。
ぎゃーー!

IMG_0008
体育館の屋根も壊して中身見えてる。

IMG_0010
重機を使った解体の様子はかなりの迫力。
みんなは、見てて面白いとか、すごーいとか、楽しげな様子。

それなのに、そこが戦場か災害の爪痕のように見えてしまう・・・。
意味も分からないから、そんな自分が余計にこわい!
おまけに、建物が崩れた時の振動で、宣教センターも時折揺れるし。
地震が来たかと思って勝手に微笑んでみるんです!(平常心)

IMG_0003
けど、町を作るって言うのはそういうことなんだ。
すごいパワーが必要なんですよね。

ちなみに、この宣教センターも再開発地域に入っているので、今秋には立ち退くことになってます。
四谷は景色がガラッと変わっちゃいますね!

IMG_0000
「四谷駅前地区市街地再開発事業」完成イメージ図。