日本で初めて誕生した瞬間に立ち会う

修道生活

とまにちわ!

長かった冬が終わり、ぽかぽかと気持ちのいい春。
みなさんもそれぞれ次のステップへの準備を整えておられることと思います。
良い季節なんですけど、花粉症なので春先は地味に眠いんですよね。

「修道生活ではなく、結婚生活でもなく、この社会の現実のただ中で生きる奉献生活」

というようなキャッチフレーズ(?)もあるような、聖マリア・アンヌンチアータ会。
聖パウロ修道会に併設された独身女性信徒の会です。
きっとご存知ですよね?
ちなみに、マリア・アンヌンチアータ(Maria Annunziata)とは、イタリア語で「お告げのマリア」という意味なんだとか。

DSC_0004
そんな、聖マリア・アンヌンチアータ会の終生誓願式が「神のお告げ」の祭日のミサの中で行われました!
そしてそれは、日本人で最初の終生誓願者が誕生するという、記念すべき歴史的瞬間。
華々しくチョコレートファウンテンで飾りたい気分です。
おめでとうございます!

DSC_0009
終生誓願宣立は次のような言葉でした。

「わたしは、神のほまれのため、わたし自信をより親密に神にささげ、より近くから師キリストに従うという堅固な意志に動かされ、ここにご列席の兄弟姉妹の皆様の前で、管区長の手のうちに、聖マリア・アンヌンチアータ会の会則に従い、全生涯にわたる貞潔、清貧、従順の誓願を宣立いたします。
聖霊のお恵みと、おとめマリアおよび使徒聖パウロの取り次ぎにより、わたしが神と教会へ奉仕するにあたって完全な愛徳が実行できるように、わたしは全心をあげて、本会に自己を奉献いたします。」

修道院ではなく、一般社会の中で独身を守って誓願を生きるって、すごいことだと思います。

自分なんて、なんだかんだで修道院という環境(共同体)に守られてなんとか生きているので、
正直、修道院でなかったら、弱々しいので、そこまでできる自信がなーい!
頭の下がる思いでございます(苦笑)。

ところで、当日配られた式次第に意味の分からない箇所があったんです。
それは、誓願宣立前に聖歌隊と会衆とで歌う「諸聖人の連願」。
たまにしか耳にしないからなのか、なんだか心にジワジワ響く歌なんです。

DSC_0003
「主よ、あわれみたまえ、主よ、あわれみたまえ」
「神の母聖マリア、われらのために祈りたまえ」
「聖ミカエル、われらのために祈りたまえ」・・・

と最初は順調だったのが、後半、なぜか次のようなフレーズに!!

「すべての財より、主よ、われらを救い珠江」

DSC_0019
これは明らかに変換ミスだと思われます。
「財」は「罪」、「珠江」は「たまえ」のハズ。
どうして、ひらがなの「たまえ」まで変換しちゃったんだろー。
これにはちょっとくらっときちゃいました(笑)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で