四谷・荒木町を歩いてみる

たまに行くなら

とまにちわ!

かつての花街の面影を見せる四谷・荒木町界隈。
1983年、荒木町は花街の歴史を閉じたものの、今でも飲食街の路地や坂に、往時の面影を残している街。

R0000026
そんな、渋い飲み屋街、四谷・荒木町。
夜は無理だけど昼間なら行るかも・・・と思って、恐る恐る(?)行ってみました。
明るい四谷・荒木町!!

R0000027
四谷・荒木町は、がけや急斜面に囲まれたすり鉢状の地形なので、細道や階段がたくさんあって、なかなか味わい深い街並みになってます。
ちなみに、この荒木町一帯は、江戸時代には美濃国高須藩藩主・松平義行の屋敷があったところなんだそうです。

R0000079
甲州街道から荒木町のメイン通りの「車力門通り」を下って行くと、坊主バーを発見。
現役の僧侶がいるバーなんだって!

R0000028
その先には「金丸稲荷」という小さな社。
「金丸稲荷」は松平家の邸内にあった屋敷守の社が明治以降も残ったものなんだそう。
「荒木町奥の細道」などという看板もありました。

R0000030
そんな「荒木町奥の細道」に入ってみる。
石畳が残る細道を道なりに下って行くと、由緒ある感じの料亭もあったりしました。

R0000032
下りきると「津の守弁財天」という、小さな社。
これも松平家の邸内にあったものなんだとか。

R0000033
そして、「津の守弁財天」の脇には「策(むち)の池」という小さな池がありました。
この池のほとりは、明治半ばには景勝地で料亭が軒を連ね、明治末・大正期には歌舞伎の劇場や寄席も建ち、芸者は250人を数えたんだそう!(すごい)

R0000035
東京では、周囲四方が全て囲まれた窪地として、かなり珍しい、四谷・荒木町。
そんな地形をビジュアル的に実感できると言われている場所にも行ってみました!

R0000039
荒木町の階段坂の中でもっとも大きい、通称「モンマルトルの階段」と呼ばれている直線階段。
どの辺りが「モンマルトル」なのかは、よく分かりませんでした。パリ行ったことないし。

R0000069R0000060
モンマルトルの階段の途中には、さらに民家の裏口を縫うように走る路地が・・・。

R0000062
路地を抜けると住宅街の先に階段坂の一つと、その向こうには巨大な鉄塔。
防衛庁市ヶ谷駐屯地の電波塔が見えました。
ここもなんだか不思議な光景!

R0000066
・・・あれ? やっぱり昼間は人がいないなぁ。
というか、写真に人が一人も写ってなかったので、逆に恐ろしい感じがしてきたー。
やだ、不思議(苦笑)。