ホスチアが入った修道院のお菓子!?

たまに行くなら

とまにちわ!

東京・四谷のサンパウロで売っている、修道院のお菓子たち。
修道院で作ってるお菓子って、案外いろいろあってびっくりしてます。

そんなお菓子の中に、なんと、あの、
ホスチアが入ってる商品があるんだとか!?
え、マジでーー?

それは、大分の安心院町のトラピスト修道院で作っている「ごま菓子」。
なんですと!

DSC_0511
当たり前だけど、原材料にホスチアとは書かれていない。

DSC_0512
が、聞くところによると、
なんでも、ホスチアを作る時に出てしまう、余った部分を使って作っているんだとか!
あ、正確に言うと、「ホスチアになる前」の余ったパンのかけら使っているんだそうですよ。

「カトリック教会のごミサで使用する「オスチア」の製造過程で出る端に黒ごまを絡めた、おこし風の新感覚和菓子。おこしのようにカチカチでないので食べやすく、またボリュームも満点でご好評頂いております。」※HPより

さすがシスターの知恵ですね。

DSC_0513
言われて、よーーく見てみたら、確かにホスチアのかけらのようなものがたくさんある!!
改めて正確に言うと、「ホスチアになる前」の、パンのかけらがいっぱいなのです。

DSC_0514
見た目は「おこし」。
胡麻とピーナッツもたっぷり入っています!
むろん、甘さ控えめで、胡麻の風味も程よく、ほっとするお味。
そして、なんだか、とっても神聖な気持ちになるお菓子!!

贅沢するって、こういうことを言うのかも!?

※「ごま菓子」は、状況によって品切れの場合もあるみたい。見つけたらラッキー!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で