教皇大使の十字架

修道生活

とまにちわ!

梅雨も明けて、真夏の暑さ。
水分補給して夏の暑さを乗り切って!
それが、夏、フェス!!

名称未設定-1
薄手のローマンカラーシャツを珍しがられ、なぜか引っ張られてる。

ってなことで、
トマの祝日には、お祝いコメントいただきました。
ありがとうございます。
こんな私をこれだけ盛り上がって扱えるのは、あなただけです!
ネバーランドを作る気持ちは、こんな気持ちでしょうか!?(笑)

さて、教皇大使さまが来た。
そんなあなただけに、こっそり、続きです。
教皇大使さまは、首から下げている十字架をやたらアピール。
最初、言葉が分からないものだから、
教皇大使は、話すときには十字架を掲げなければならないのかも?
なんて勝手に思っていました(苦笑)。

DSC_0311.jpg
着けている十字架について説明される。

実は、その十字架は、教皇さまから直々にいただいた、
十字架なんだとか!
十字架の裏には、名前も彫ってあるという!!
そんな、教皇大使だけがいただける(?)という十字架に、
興味はしんしんしてしまうのです。

「十字架の写真を撮らせてください!」
恐る恐る、通訳の人を通してお願いしてみました。

すると、
あっさり、OK!!

これでいいかな? という感じで、
大使さまは、十字架を手に持ってくださいました。

やさしいー! 感激ーー!!

が、
なぜか、こういう時に限ってうまくいかないもの。

DSC_0316.jpg
ふぎゃあ~!

DSC_0317.jpg
ぶれる〜!!

何枚も撮ってみるも、どれもこれもピントが合わなーい!
その間も、大使さまは、ずっーと手に十字架を持って、
待っていてくださっているのです。

す、す、すみませんっ!!
ど、どうしよう、ど、ど、どうしようー。
緊張して、手も震えだしてしまうのです(苦笑)。

でも、どうにか、

DSC_0315.jpg
おもて。

名称未設定-2
こっちは裏。

貴重な十字架が撮れました!(でも微妙)

撮れたことにしておいてください!!
というか、十字架にばかり気を取られ、
大使さまのお顔が写って、いない……(苦笑)。

ダメダメな私をお許しください。

DSC_0297_20130709153347.jpg

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で