エコなアドベントキャンドル?

修道生活

とまにちわ!

とある親切な方から、長崎・五島の椿をいただきました。
どうも、ありがとうございました!

なんでも「玉之浦椿」という、世界的な名花らしいんです。
濃紅地に白覆輪のコントラストが美しい花が咲く!!

もちろん、うまく育てられれば、、、の話。
万が一、違う花が咲いてしまってもお許しください~!(苦笑)

image.jpg
そういえば、TomaPダイアリーのことなんですけど、
ご連絡をいただいたみなさんには、すでに届いているかと思います。

が、実はまだ数名の方からのご連絡がいただけておりません。
「連絡したのに届いていないよー!」
っていう方は「TomaPお便り」から再度お知らせくださいませ。
どうぞよろしくお願いします。

さてさて、降待節に入りました!
アドベントキャンドルにも火が灯りましたよ!!

そんなアドベントキャンドルに、今年はある異変がありました。
それは、火を灯しても、灯しても、灯しても、
キャンドルが短く減っていかないという、超ミラクル!?

R0011416.jpg
四谷修道院の聖堂に置かれたアドベントキャンドル。

それは、
キャンドルの周りに筒状のカバーが取り付けられたのです!

もちろん手作りのカバー!!
遠目でみたら、カバーがあるなんて分かんないし!

夢のアドベントキャンドルが完成しちゃった感じです。

R0011420.jpg
カバーを取ると見事な上げ底! 輪切りの発泡スチロールが重なってます。

せっかくのなで、
中のキャンドルが究極の短さになるまで、見届けたいと思います!(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で