愛情を一杯

修道生活

とまにちわ!

気がつけば5月も終わりですね!
典礼暦では聖母マリアがエリザベト訪問を記念する日。

っていうか、聖母月の5月なら、
毎年恒例の行事的なことをやってるハズなんですけど、
霊的花束の箱もなく、四谷修道院はなんだかとっても静かなのです。

R0011094.jpg
自発的な行いを求める感じなのかも?

さて、そんな5月はロマンを追求させていただいています!?

昨夜、ふとテレビのチャンネルを回していたら、
暖簾をくぐって酒場に入り、特にうんちくを語る訳でもなく、
派手なリアクションをするわけでもなく、
嬉しそうに、飲んで、しゃべって、食べる。
そんな様子を映したユル~い番組を、延々と見てしまったのです。

ああ、なんてこと。

それは、BS-TBSの「吉田類の酒場放浪記」という番組でした。

正直、吉田類っていう人は知らなかったんですけど、
「酒場詩人」っていう職業(?)らしいのです。
よく分かんないんですけど、この番組のキモに違いない!

っていうか、店の選び方とか、席の決め方だとか、
常連さんとのバランスの取り方とか、
ただならぬ力量を感じてしまったのです(笑)。

赤の他人がひたすら飲み歩く番組なのに、

「あんなところに行ってみたい・・・」
「ああいうの食べながら呑んだら美味しいんだろうなぁ」

なんて思って見てると、なんだかホッこりしてくるんです。
なんなのでしょう、この番組って!!

ちなみに、個人的には、お酒がほとんど呑めないので、
「もし呑めたら」っていう、ロマンス前提で妄想しています(苦笑)。

名称未設定-6
●「吉田類の酒場放浪記」毎週月曜日夜21時~(BS-TBS)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で