「のねっと」でカッコよくなれる

修道生活

とまにちわ!

ホームページに、フェイスブックツイッター
そして、インスタグラム…。

始めたのはいいけど、一人でできるかな?
どこだか分からないゴールにたどり着くことはできるのかな?
地球を救うことはできるかな?

いずれにせよ、ようやくの、きのこ狩りの季節です!
ついでに、みていただけたら嬉しいです。

そして恥を忍んで言うよ。
いいね!って言ってください。
フォローするって言ってくださ〜い!!

さて、つまり、本日の本命はなんと社長。
サンパウロの総主事(社長)に採りたての「ぱうろかいのねっと」を宣伝してもらうのです!
事前に相談したら断られそうだから、突撃することにしました!!
なんだか危険です。

「なに? 撮るの? なんで?」
「総主事の記事も載ってますし…ぜひ…。」
「今日は顔も洗ってないし、ヒゲも剃ってない(からダメだ)よ!」
「いえいえ、元がいいから大丈夫ですよ〜!!」

なんていう、若干気持ち悪い言葉を交わしていたら、
顔面(眉のあたり)に絆創膏が貼られているではないですか!
どうしてこんな時に!!

などと思っていたら、
「ぱうろかいのねっと」が入っている箱に、つまずいて怪我をしたという…。

それは、さすがに、、嘘でしょう?
と、思ったら、嘘のような本当の話でした!!

あるんですね、そんな奇跡的に面白いことが!
いえ、ゴメンなさい。大丈夫ですか?

本人は絆創膏を外そうとしてましたが、
そのままの方が味があっていい気がしたので、あえてそのままでお願いしました。
振り返ってみたら、思い切りバカで失礼な話。

それでも、結局、いろんなポーズを決めてくれました。
さすが器が違います!
サインを欲しくなるようなカッコよさ!!

もしかすると、「ぱうろかいのねっと」を持つことで、人はカッコよくなれるのかも!
彫りが深めの人がカッコよく見えるのも、「ぱうろかいのねっと」のおかげ。
カッコいいの鍵は「ぱうろかいのねっと」にある!!

カッコよくなっちゃったものは仕方がない。
この写真の中から、一番カッコいいのをインスタグラムにも載せよう。
それで、気付いていなかった人が、興味を持つきっかけになったら嬉しいな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で