涙を乗り越えて強くなる

修道生活

とまにちわ!

旅行に行きたい、空を飛びたい、かわいくなりたい。
そんな今月のいいところだけをご紹介してみます。
それっぽいかたちになるといいな。

●珍しいスープ入り焼きそばを食べた。
栃木県那須塩原市のご当地B級グルメ「スープ入り焼きそば」。

細かく刻んだなると、甘さが引き立つキャベツ、柔らかい鶏肉。
麺は少し細め、スープはさっぱりしていてスパイシー♪
想像とは全く違って、とても美味しかったです。

ソースカツ丼も特製のソースが美味しくて満腹中枢MAXになりました。

●四谷駅前再開発ビルが伸び始めてる。
高層棟の地上部分の鉄骨建て方が始まってて、
高くそびえるタワークレーンが鉄骨の柱や梁を組んでいます。

建設現場は「かっこいい未来」。
特にビルの天辺に乗っかったクレーンが。

完成は2020年。思ってたより時って早く流れるんだなぁ。

●二人のブラザーの動画を撮った。
修道院らしいことといえば、ランダムに引いた質問カードに答えてもらう動画。
やる気を奮い立たせて(?)二人のブラザーにお願いしました。

拒否されるかと思いきや、あっさりOKをもらって助かりました。
ありがとうございます!
動画は8月上旬に聖パウロ修道会/サンパウロのホームページにて公開予定です。

ただ、修道院の周りの反応は「ああ、そうなの」。
こうやって一人でおかしなことやっている人には、みんな無関心なのです…。
きっと、駅で見る「四ツ谷駅」の看板には「ル」が潜んでるってことも知らないでしょう!?

●加山雄三の苦難を乗り越える方法に目が覚めた。
「The Covers」(NHK-BSプレミアム)で放送された「クレイジーケンバンド」の回。
加山雄三との魅惑のコラボレーションがすごくいい感じでニコニコしながら見てました。

中でも目からウロコだったのが、
「ストレスがいっぱいある人生の中でどうされているのですか?」という質問への答え。

「何が起きても人にせいにしないという事ね。
そういう目にあっても、あの野郎が悪いんだと思ったら負け。
必ず人間って、捨てる神あれば救う神ありじゃないけれど、もうダメかと思った時に、ふっと助けられることがあったな。
だからやっぱり、人を大切にしようとか、時間を大切にしようとか、愛というものを大切にしたいなとかね。
何かとんでもないどん底に落っこちた時は、それは試練だ。お前は今、そういう試練を与えられているんだ。
そしてそれを克服するには、感謝をもってそれを受け止めて、『僕が悪かった。よし、どうしたらいいか、一生懸命にやろう!』。
そういうことで、ストレスをためるなんて事はもってのほか。自分が悪いんだから。」

まさか音楽番組で、こんなにいい話が聞けるとは。
すごいよ、加山雄三って!

いつも人のせいにしてしまう自分に、これはよく言って聞かせねば〜!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で