お墓の下がすごい

修道生活

とまにちわ!

メキメキと季節の深まりを感じてきました。
強風で枯葉がビュンビュン飛んできても目を閉じれば気にならない!
でも、目を開けたらお墓の下に!?
なんていうことにならないよう、読み進める前に手は合わせておきましょう!

そういうことで、先日のカトリック府中墓地の納骨式で、いざお墓の下に!
普段はなかなか入らないところなので、ちょっと下って入ってみることにしました。

ちなみに我らの聖パウロ修道会の墓石はモニュメント風。
辺りを見回してもこれを超える斬新な墓石は見当たらず!
何と言っても、入口からも近いので見つけやすい!!

そんな墓石の下には骨壷が入るスペースが用意されています。
扉は鍵付きの頑丈な鉄扉!

すぐに急な階段があります。
小窓から明かりが差していて意外と明るい!
湿気もなくて、清潔感すらある!!

階段を降りたら棚が天井までドーンでした!
そして、奥には人影?
先客がいらっしゃいました。

奥に進んで行くと、、、並んでいました。
先輩たちの骨壷がー!
こんにちは! 来たよー!!

分かっていたとはいえ、実はドキドキ感で骨壷が直視できない・・・。
だけど、なぜかカメラのシャッターは切れました!
なぜだ。

「こんなにスペースがあるので、みんな余裕で入れちゃいますね。」
「あと100人ぐらい会員が増えないと使えきれない!」

もう、なんだかよくわかんないけど、
お互い返答に困るやりとりもお墓の下ならではですね!

そろそろ、地上に戻ろうと後ろを振り向いたら、
そこにブロンズ(?)のキリスト像がドーン!
暗がりだったので、これに一番ビビりました。

ビビりすぎて写真のピントも合っていないから、今見てもヤバい感じ(苦笑)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で