たまに行くなら

ロザリオの月は秋のバラで願いを叶える

とまにちわ!

ロザリオの月は秋バラの美しさを堪能しちゃいましょう。

「バラの冠」という意味もあるロザリオなので、親睦性は抜群です!
そんな秋のバラでときめいてもいいじゃないか!!

ということで、東京北区にある旧古河庭園に行ってみました。
四ツ谷からは東京メトロ南北線に乗って約15分。西ヶ原駅下車。徒歩7分。

旧古河庭園は「秋のバラフェスティバル」開催中!
バラの美しさを堪能しちゃうぞ。

ちなみに、この庭園は、武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴。

園内にある洋館と庭園は、御茶ノ水にあるニコライ堂や、鹿鳴館などの設計を行ったジョサイア・コンドル。
数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在なのです。

100種199株の色とりどりのバラが咲き競う洋風庭園。
イベント期間中は、音楽会やバラの折り紙教室等の催しもあるみたい!

秋のバラは香りが高く、色合いもバラ本来の色で、花持ちも良いのが特徴なんだとか。
堂々とした華麗な花姿が見られるってことですね!

バラの写真がたくさん並んで、このページがバラ園みたいになったら素敵ではないか!!

異国の地に来たような風景でテンションも上がります!

長年の夢がひとつ叶ったー!
というか、バラの品種ってメチャメチャありますね。

実に平和で幸せな風景です。

旧古河庭園
住所:東京都北区西ヶ原1-27-39
開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
入園料:一般150円、65歳以上70円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index034.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ピックアップ記事

  1. 世界のパウロ家族メンバーとフランシスコ教皇との謁見の動画
  2. 「主の祈り」イカしている訳語はどれ?
  3. エクストリーム・シェービングがハンパない
  4. 大人可愛いちゃんちゃんこ
  5. 「灰の水曜日」の灰を作る鍋が姿をくらます

関連記事

  1. たまに行くなら

    この秋見逃せなかったあれこれ

    とまにちわ!この10月がやたら雨が続くなんてノーマーク。自…

  2. たまに行くなら

    坂本屋のかすてら

    とまにちわ!クリスマスといえば、ケーキ!ケーキといえば、ス…

  3. たまに行くなら

    ときめきの東京国立近代美術館に行ってきた

    とまにちわ!常設展が特に素晴らしい。ということなので、東京…

  4. 修道生活

    巨人気分を味わう

    とまにちわ!冬の到来を感じつつも、意外と冬支度が進んでいない!…

  5. 修道生活

    秋のバス旅は雨が降っても乗り切れる

    とまにちわ!長引く秋雨の中、四谷修道院と若葉修道院のバス旅が開…

  6. たまに行くなら

    迎賓館の本当の絶景ポイントはここです!?

    とまにちわ!この春から迎賓館(赤坂離宮)の通年公開が始まりまし…

最近の記事

おすすめの記事

アーカイブ

  1. 修道生活

    フリーペーパー「ぱうろかいのねっと」を創刊!!
  2. たまに行くなら

    カキバター焼がうますぎて「かつれつ四谷たけだ」で悶絶する
  3. 修道生活

    有明家の佃煮をいただく
  4. 修道生活

    今年も教皇大使が来てくれた!動画あり
  5. 修道生活

    101年目の創立記念日のディナー
PAGE TOP