修道院のホワイトボード消せないメカニズム

修道生活

とまにちわ!

四谷修道院で、食事のありなし、在院外出など、伝言版代わりに使われる、食堂のホワイトボード。
この修道院が建てられた頃から使われているので、使用年数はかれこれ10年以上。
長く使っているものなのに、今さらそんなことが!?

ちなみに、食堂のホワイトボードは、《厚手の光沢紙》に名前を記した表を上半分に貼っています。
最近は下半分にミサ当番表も貼るようになったので、ホワイトボードとして使える部分は一部のみ。
ホワイトボード用の《マーカー》で書ける範囲は、意外と狭いのです!

昨日、ある会員が上京することになり、四谷修道院にしばらく滞在することになりました。
これまでなら、「お客様」というのマグネットを余白に貼って、食事のあるなしを伝えるはず。
もしくは、名前が書いてあるマグネットを使っていたような。

しかし、大胆にも、ある会員が紙の上に直接名前を記入!
おまけに、来院のことを知らない他の会員が、その名前を消す!!
といった連携プレイまで起きてしまうミラクルが。

「名前を消したけど、きれいに消えない!!」
「どういうことなんだ!」

なんだかすでに話がややこしくなってきてます。

「地方からしばらく会員が来るんですよ!」

なんて話をしたら、分かったように、
消えきっていない名前の上に、さらにマーカーで名前を上書き!!

ええ、なんとなく、元の状態に戻った気がします。
ちょっと汚いけど(笑)。

すると、またも。

「きれいに消えないのは何でだろう?」

と、今度は、ホワイトボード用の《マーカー》をじっと見て確認しているのです。
きっと、この《マーカー》に原因があるのだと、ピンと来たご様子。

「なんだ、これ、油性だよ!」
「なんで油性マジックがここにあるんだよ!!」

にわかに周りが騒がしくなります。

ちなみに、ホワイトボードマーカーは、マーキングペンの分類上「油性」のペン。
しかし、そのインキの成分は通常の油性マーキングペンと少し違っていて、「顔料」と「はく離剤」が含まれているので、後で消すことができるのです!!

が、そんなことは知らないようなので、
ホワイトボードマーカーに書かれている<油性>の文字で、頭はすっかり油性マジック!
そんな確信に満ちた強い気持ち!!

しかし、、、
「上の部分は紙だから、直接書いちゃダメなんですよ」
と、伝えられていました・・・。

ちなみに《光沢紙》にホワイトボードマーカーで書かれた文字は、濡れティッシュできれいに取れました。
すごいぞ光沢紙!
それから「お客様」のマグネットをこっそり貼っておくことにしました!!
これで、めでたしめでたし!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で