「日本カトリック映画賞」これまでの受賞作

個人的メモ

とまにちわ!

「第41回 日本カトリック映画賞」に、片渕須直監督の「この世界の片隅に」が受賞!
おめでとうございます!!
ひそかに応援していたので、猛烈に嬉しいです!!!

ちなみに、日本カトリック映画賞(シグニスジャパン<カトリックメディア協議会>主催)は、
前の年の12月から次の年の11月までに日本国内で制作・公開された映画の中から、
キリスト教の愛の教えに基づく福音的な映画を選び、その監督に贈られる賞なんだとか。

メジャー作品はあまり受賞しない印象があったけど、
「この世界の片隅に」は、やっぱり、さすがでございます!

ということで、これまでの日本カトリック映画賞はどんな作品が受賞してるのか?
ネットで調べてみたけど、まとまったものが見当たらないような。

そこで、これまでの日本カトリック映画賞の受賞作を、ドーンと並べてみます!
良質な映画選びの参考にもなりますね。

第1回
1976年
『咽び唄の里 土呂久』
監督:伊藤宏一
製作:工藤正彦/撮影:佐々木彦人/音楽:久石譲/編集:伊藤宏一、山本きよみ/スクリプター:福島音響、谷口彰、芥川仁
ナレーション:寺田農
助監督:石倉保志、岸博明
製作年:1976年/製作国:日本/上映時間:90分
第2回
1977年
『ねむの木の詩がきこえる』
監督・脚本・製作・音楽:宮城まり
撮影:岡崎宏三
キャスト:宮城まり子、平田安彦、高沢俊光、根岸安子
製作年:1977年/製作国:日本/配給:エキプ・ド・シネマ=東宝東和/上映時間:95分
第3回
1978年
『春男の翔んだ空』
監督・脚本: 山田典吾
製作:山田火砂子、山田典吾//撮影:小林節雄/音楽:いずみたく/美術:木村威夫/録音:飛田
喜美雄/スクリプター:丸山裕司/照明:佐藤勝彦
ナレーション:矢野宣
キャスト:永六輔、佐藤オリエ、愛川欽也、原知佐子、山口崇、太宰久雄、渡辺文雄、三崎千恵子ほ

製作国:日本/製作年:1977
第4回
1979年
『マザー・テレサとその世界』
監督・脚本:千葉茂樹
企画・製作:小島好美、 白井詔子/撮影:河内豊英 、 伊藤嘉宏/音楽:山崎宏/録音:新坂スタジオ/編集:
近代編集室/スチル:白井詔子/協力:アリタリア航空会社 、 カリタス・ジャパン
ナレーション:来宮良子
第5回
1980年
『父よ、母よ!』
監督・脚本:木下惠介
製作:沢村国男/製作補:斉藤森恒/原作:斎藤茂男/撮影:小杉正雄/照明:佐久間丈彦/音楽:木
下忠司/録音:島田満/美術:重田重盛/編集:杉原よ志
キャスト:加藤剛、田村高廣、岩崎加根子、三原順子、夏江麻岐、石田純一
製作国:日本/製作年:1980/配給:松竹
第6回
1981年
『巣立ちのとき 教育は死なず』
監督:板谷紀之
脚本:板谷紀之、山形雄作、今崎暁巳/原作:若林繁太/企画:山口逸郎、石井修吾/製作:山口逸
郎、石井修吾/プロデューサー:相澤徹/撮影:杉田安久利/美術:坂口武玄/装飾:本田清/音楽:
岡田和夫/録音:矢野勝久/照明:中谷敏清/編集:中静達治/製作主任:光永憲之
キャスト:長門裕之、江利チエミ、陶隆司、新田昌玄
製作国:日本/製作年:1981/配給:共同映画全国系列会議
第7回
1982年
該当作品なし
第8回
1983年
『この子を残して』
監督:木下恵介
脚本:山田太一、木下恵介/原作:永井隆/製作:笹井英男、東條あきら、金沢博、斎藤守恒/撮影:岡崎宏三/美術:芳野尹孝/音楽:木下忠司/録音:島田満/照明:佐久間丈彦/編集:杉原よ志
キャスト:加藤剛、十朱幸代、中林正智、西嶋真未
製作国:日本/製作年:1983/配給:松竹
第9回
1984年
『国東物語』
監督:村野鐵太郎
製作:村野鐵太郎、長野健/プロデューサー:林秀樹/原作・脚本:高山由紀子/企画:長野厚/撮影:吉岡康弘、高間賢治/音楽:南こうせつ/美術:本郷淳、松本義治/編集:日吉裕治/録音:日吉裕治
/スクリプター:石松健男/照明:大石弘一
キャスト:隆大介、貞永敏、峰岸徹、滝田裕介、井川比佐志、藤真利子、岡本舞、横内正ほか
製作国:日本/製作年:1985/配給:エキプ・ド・シネマ
第10回
1985年
『銀河鉄道の夜』
監督:杉井ギサブロー
脚本:別役実/原作:宮澤賢治/原案:ますむらひろし/企画:伊藤正昭、山下健一郎/プロデューサー:
原正人、田代敦巳/映像:前田庸生/美術:馬郡美保子/音楽:細野晴臣/作画:江口摩吏介/製作
プロダクション:グループ・タック、ヘラルド・エース
キャスト:田中真弓、坂本千夏、中原香織、金田龍之介
製作国:日本/製作年:1985/上映時間:107分/製作会社:朝日新聞社=テレビ朝日=日本ヘラル
ド映画グループ/配給:日本ヘラルド
第11回
1986年
『海と毒薬』
監督・脚本:熊井啓
原作:遠藤周作/製作:滝島恵一郎/プロデューサー:大塚和、宮川孝至/撮影:栃沢正夫/美術:木村
威夫/音楽:松村禎三/録音:久保田幸雄/照明:岩木保夫/編集:井上治
キャスト:奥田瑛二、渡辺謙、成田三樹夫、西田健
製作国:日本/製作年:1986/配給:日本ヘラルド
第12回
1987年
『ゴンドラ』
監督:伊藤智生
脚本・原案:伊藤智生、棗耶子/プロデューサー:貞末麻哉子/撮影:瓜生敏彦/美術装置:張ヶ
谷実/美術小道具:村上孝夫/音楽:吉田智/録音:大塚晴寿/照明:渡辺生/編集:掛須秀一
キャスト:上村佳子、界健太、木内みどり、佐々木すみ江
製作国:日本/製作年:1987/上映時間:112分/製作会社:OMプロダクション
第13回
1988年
『火垂るの墓』
監督・脚本:高畑勲
原作:野坂昭如/企画:佐藤亮一/製作:佐藤亮一/プロデューサー:原徹/制作:スタジオジブリ/レイアウト:百瀬義行/キャラクターデザイン・作画監督:近藤喜文/撮影監督:小山信夫/美術監督:山本二三/音楽:間宮芳生
/音響監督・音響演出:浦上靖夫/整音:大城久典/音響効果:大平紀義、伊藤道広/編集:瀬山武司i/制作デスク:押切直之/制作担当:上田真一郎/キャラクター色彩設計:保田道世/宣伝プロデューサー:徳山雅也
キャスト:辰巳努、白石綾乃、志乃原良子、山口朱美
製作国:日本/製作年:1988/上映時間:88分/製作会社:新潮社/配給:東宝
第14回
1989年
『黒い雨』
監督:今村昌平
脚本:石堂淑朗、今村昌平/原作:井伏鱒二/プロデューサー:飯野久/撮影:川又昂/美術:稲垣尚夫/音楽:武満徹/録音:紅谷愃一/照明:岩木保夫/編集:岡安肇
キャスト:田中好子、北村和夫、市原悦子、原ひさ子
製作国:日本/製作年:1989/上映時間:2時間3分/製作会社:今村プロダクション=林原グループ/配給:東映
第15回
1990年
『ベンポスタ・子ども共和国』
監督:青池憲司
監修:ヘスス・シルバ、村田栄一/制作:前田勝弘、福田信、松井寛子/撮影:恒松龍兵/音楽:箕輪単志/主題歌:ハウンドドッグ(「YourSong」)
ナレーション:草野大悟
製作国:日本/製作年:1990/上映時間:99分/製作会社:幻燈社=マザー&チルドレン/配給:幻燈社
第16回
1991年
『あーす』 監督・脚本:金秀吉
原作:西田好子/プロデューサー:貞末麻哉子、高橋聡・益田邦一/撮影:金徳哲/照明:岩崎豊/録音:
松本隆司/編集:松村将弘/音楽:山本純ノ助
キャスト:朝比奈潔子、新屋英子、山村弘三、芦屋小雁ほか
製作国:日本/上映時間:82分/製作年:1990年/製作:あーす製作委員会作品
第17回
1992年
『阿賀に生きる』
監督:佐藤真
撮影:小林茂/音楽:経麻朗/録音:鈴木彰二
製作国:日本/製作年:1992/上映時間:115分/製作会社:阿賀に生きる製作委員会/配給:阿賀に生きる東京上映委員会(配給協力:シネセゾン)
第18回
1993年
『スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち』
監督:朝間義隆
脚本:朝間義隆/製作:櫻井洋三/プロデューサー:田沢連二/撮影:花田三史/美術:芳野尹孝/音楽:
堀井勝美/歌:中西保
キャスト:緒形直人、源啓介、原田知世、藤田まこと、佐久間良子
製作国:日本/製作年:1993/上映時間:110分/製作会社:松竹=トーハン作品/配給:松竹
第19回
1994年
『学校』
監督:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆/原案シナリオ:広沢栄/製作:中川滋弘/プロデューサー:深澤宏/撮影:高羽哲夫、長沼六男/美術:出川三男、横山豊/音楽:富田勲
キャスト:西田敏行、竹下景子、萩原聖人、中江有里、新屋英子
製作国:日本/製作年:1993年/上映時間:128分/製作会社:松竹=日本テレビ放送網=住友商事作品/配給:松竹
第20回
1995年
『地球交響曲第二番』
監督:龍村仁
プロデューサー:竹内美樹男/撮影:押切隆世、赤平勉、夏海光造/監修:稲盛和夫
出演者:ジャック・マイヨール、14世ダライ・ラマ法王、フランク・ドレイク、佐藤初女
声の出演:木内みどり、榎木孝明、中村嘉葎雄、三國連太郎
製作国:日本/制作年:1995年/上映時間:2時間10分/製作:京セラ株式会社/製作:株式会社オ
ンザロード
第21回
1996年
『絵の中のぼくの村』
監督:東陽一
脚本:東陽一、中島丈博/原作:田島征三/製作:山上徹二郎、庄幸司郎/プロデューサー:藤沢克則、萩原吉弘/撮影:清水良雄/水中撮影:佐野哲郎/美術:内藤昭/音楽:カテリーナ古楽合奏団
キャスト:松山慶吾、松山翔吾、原田美枝子、長塚京三
製作国:日本/製作年:1996/上映時間:112分/製作会社:シグロSIGLO/配給:シグロSIGLO
第22回1997年 『愛の黙示録 尹鶴子の生涯』
監督:金洙容
脚本:中島丈博/原作:尹基(「母よ、そして我が子らへ」)/製作総指揮:近藤晋/企画:岡宗知子/プロデューサー:ヤン・ムンチュオル/撮影:チョン・イルソン/美術:キム・ユジュン、渡辺義雄
キャスト:石田えり、吉用祐、李準、風見章子、沈洪錫
製作国:日本、韓国/製作年:1997/上映時間:102分/製作会社:MTHUMANSERVICE/配給:映画「愛の黙示録」を世界におくる会
第23回
1998年
『ユキエ』
監督:松井久子
脚色:新藤兼人/原作:吉目木晴彦(「寂寥郊野」)/エクゼクティブ・プロデューサー:新藤次郎/プロデューサー:松井久子、吉井久美子/撮影監督:阪本善尚/プロダクション・デザイナー:デニス・グリーンウッド、ペトラ・バーチ/音楽ディレクター:天翔陽子/オリジナル音楽:川崎真弘/音楽プロデューサー:天翔陽子/主題歌:ジミー・デイビス(「ユー・アー・マイ・サンシャイン」)
キャスト:倍賞美津子、ボー・スベンソン、ジョー・クレスト、マーク・コンクリン、シャロン・シュナイダー、ブレイズ・ガルザタ
製作国:日本/製作年:1998/上映時間:93分/製作会社:エッセン・コミュニケーションズ作品(企画:エッセン・コミュニケーションズ/制作:エッセン・ニューヨーク)/配給:シネマ・クロッキオ=近代映画協会
第24回
1999年
『ナビィの恋』
監督:中江裕司
脚本・原案:中江裕司、中江素子/製作:竹中功、佐々木史朗/製作協力:野田隆司/製作補:澤昌平/プロデューサー:石矢博/協力プロデューサー:佐藤美由紀/撮影監督:高間賢治/美術:真喜屋力/装飾:秋田谷宣博/音楽:磯田健一郎
キャスト:西田尚美、村上淳、平良とみ、登川誠仁
製作国:日本/製作年:1999/上映時間:92分/製作会社:イエス・ビジョンズ=オフィス・シロウズ作品/配給:オフィス・シロウズ=東京テアトル
第25回
2000年
『老親』
監督・企画:槙坪夛鶴子
原作:門野晴子「老親を棄てられますか」(主婦の友社、講談社)「寝たきり婆あ猛語録」(講談社)/脚色:原田佳夏/製作:槙坪夛鶴子、光永憲之/撮影:藤沢順一/美術:成田ヒロシ/音楽:光永龍太郎、増永真樹
キャスト:萬田久子、草笛光子、米倉斉加年、榎木孝明、岡本綾、小笠原町子、小林桂樹
製作国:日本/製作年:2000/上映時間:112分/配給:パオ=「老親」製作委員会
第26回
2001年
『GO』
監督:行定勲
脚色:宮藤官九郎/原作:金城一紀/企画:遠藤茂行/製作:佐藤雅夫、黒澤満/プロデューサー:天野和人、國松達也、出目宏/撮影:柳島克己/美術:和田洋/装飾:大庭信正/音楽:めいなCo./音楽プロデューサー:津島玄一
キャスト:窪塚洋介、柴咲コウ、山崎努、大竹しのぶ、細山田隆人、山本太郎、新井浩文、萩原聖人、大杉漣
製作国:日本/製作年:2001/上映時間:122分/配給:東映
第27回
2002年
『チョムスキー 9.11』
監督:ジャン・ユンカーマン
企画・製作:山上徹二郎/撮影:大津幸四郎/音楽:忌野清志郎
キャスト:ノーム・チョムスキー、キャロル・チョムスキー
製作国:日本/製作年:2002年/上映時間:74分/配給:シグロSIGLO
第28回2003年 『ヒバクシャ―世界の終わり』
監督:鎌仲ひとみ
制作:小泉修吉、川井田博之/撮影:岩田まき子、家塚信/音楽:クリストフ・ヒーマン/録音:東京テレビセンター/音声:河崎宏一、村田次郎、中野威洋/編集:鎌仲ひとみ、松田美子、東京テレビセンター
製作国:日本/製作年:2003年/上映時間:117分/配給:グループ現代
第29回2004年 『ライファーズ 終身刑を超えて』
監督:坂上香
プロデューサー:坂上香/撮影:南幸男/音楽:ロジャー・スコット・クレイグ/録音:森英司/編集:坂上香/ナレーション:マヤ・ムーア
製作国:日本/製作年:2004 年/上映時間:91 分/配給:out of frame
第30回2005年 『村の写真集』
監督・脚本:三原光尋
製作:高原健二、中川滋弘、多井久晃、近藤守、三木和史/プロデューサー:三木和史/撮影:本田茂/音楽:小椋佳/美術:須坂文昭/編集:宮島竜治/録音:鶴巻仁/写真監修:立木義浩/照明:高坂俊秀
キャスト:藤竜也、海東健、宮地真緒
製作国:日本/上映時間:111分/製作年:2003/配給:ビデオプランニング
第31回2006年 『博士の愛した数式』
監督・脚本:小泉尭史
プロデューサー:荒木美也子、桜井勉/原作:小川洋子/撮影:上田正浩、北澤弘之/音楽:加古隆/美術:酒井賢/編集:阿賀英登/衣装(デザイン):大脇直子/録音:紅谷愃一/スチール:むらやまあつひと/音響効果:斎藤昌利/照明:山川英明
キャスト:寺尾聰、深津絵里、齋藤隆成、井川比佐志
製作国:日本/製作年:2005/上映時間:117分/配給:アスミック・エース
第32回2007年 『ひめゆり』
監督:柴田昌平
製作:大兼久由美、小泉修吉/撮影:澤幡正範、一之瀬正史、川崎哲也、川口慎一郎/編集:加賀谷誠、柴田昌平、川口慎一郎/製作会社:プロダクション・エイシア
出演者:元ひめゆり学徒の生存者22人
製作国:日本/公開:2011年/上映時間131分/配給:プロダクション・エイシア
第33回2008年 『おくりびと』
監督:滝田洋二郎
製作:信国一朗/エグゼクティブプロデューサー:間瀬泰宏/プロデューサー:中沢敏明、渡井敏久/企画協力:小口健二/脚本:小山薫堂/撮影:浜田毅/美術:小川富美夫/編集:川島章正/音楽:久石譲/ビューティーディレクター:柘植伊佐夫
キャスト:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子
製作国:日本/映時間:130分/配給:松竹
第34回2009年 『風のかたち 小児がんと仲間たちの10年』
演出:伊勢真一
撮影:石倉隆二、内藤雅行、田辺司/音楽:横内丙午/録音:米山靖、渡辺丈彦/照明:箕輪栄一/監修:細谷亮太、月本一郎、石本浩市
製作国:日本/製作年:2009年/上映時間:105分/配給:いせフィルム
第35回2010年 『月あかりの下で ある定時制高校の記憶』
演出・撮影・編集:太田直子
プロデューサー:田野稔/撮影:家塚信、大野夏郎/録音:高木創(東京テレビセンター)/音楽効果:合田享生/ナレーション:太田直/映像協力:日本テレビ報道局「テージセー〜1461日の記憶〜」/製作著作:グループ現代
製作国:日本/上映時間:115分
第36回2011年 『エンディングノート』
監督:砂田麻美
製作:是枝裕和/プロデューサー:是枝裕和/撮影・編集:砂田麻美
キャスト:砂田知昭
製作国:日本/製作年:2011/上映時間:89分/配給:ビターズ・エンド
第37回2012年 『隣る人』
監督:刀川和也
企画:稲塚由美子/撮影:刀川和也、小野さやか、大澤一生/編集:辻井潔/構成:大澤一生/プロデューサー:野中章弘、大澤一生/製作・配給:アジアプレス・インターナショナル製作国:日本/製作年:2011/上映時間:85分
第38回
2013年
『先祖になる』
監督:池谷薫
撮影:福居正治、坂口勇太、金子英樹/録音:青田直也、遠藤悟/編集:田山晃一/題字:佐藤直志/プロデューサー:権洋子
製作国:日本/製作年:2012/上映時間:118分/配給:蓮ユニバース
第39回2014年 『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』
監督:杉本信昭
構成:村本勝/プロデューサー:小松原時夫、住田望/撮影:落合智成/音楽:谷川賢作
製作国:日本/上映時間:82分/配給:モンタージュ
第40回2015年 『あん』
監督:河瀨直美
原作:ドリアン助川/撮影:穐山茂樹/録音:森英司/編集:TinaBaz/プロデューサー:福嶋更一郎、澤田正道、大山義人
キャスト:樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、浅田美代子ほか
製作:映画「あん」製作委員会、COMME DES CINEMAS、TWENTY  TWENTY VISION/MAM/ZDF-ARTE/配給:エレファントハウス/製作年:2015年/製作国:日本・フランス・ドイツ/上映時間:113分
第41回2016年 『この世界の片隅に』
監督:片渕須直
原作:こうの史代/脚本:片渕須直/企画:丸山正雄/プロデューサー:真木太郎/監督補・画面構成:浦谷千恵/キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典/美術監督:林孝輔/音楽:コトリンゴ/アニメーション制作:MAPPA
キャスト:のん、細谷佳正、尾身美詞、稲葉菜月、牛山茂、新谷真弓、小野大輔、岩井七世、潘めぐみ、小山剛志、津田真澄、京田尚子、佐々木望、塩田朋子、瀬田ひろ美、たちばなことね、世弥きくよ、澁谷天外
製作:「この世界の片隅に」製作委員会、配給:東京テアトル/製作年:2016年/製作国:日本/上映時間:126分

<第41回日本カトリック映画賞決定! 5/20(土)授賞式&上映会>
第41回日本カトリック映画賞(2016年度)は、「この世界の片隅に(片渕須直監督)」に決定しました。授賞式&上映会は2017年5月20日(土)なかのZERO大ホール(東京都中野区)にて行われます。
※片渕須直監督のご登壇が決定!

12:00開場、12:30より上映
チケット:1,000円/高校生以下、障がい者(含介助者1名)800円
販売所:聖イグナチオ教会案内所、スペースセントポール(東京カテドラル内)、サンパウロ書店(四ッ谷駅前)、ドン・ボスコ社(四ッ谷)、高円寺教会天使の森
※チケットは完売しました

※満席の場合には入場をお断りする場合もあります。

[clink url=”https://www.tomap.info/10589″]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で