テレビ・映画

沈黙のあまのじゃくサイレンス

とまにちわ!

遠藤周作の小説「沈黙」をマーティン・スコセッシ監督が映画化したヒューマンドラマ「沈黙 サイレンス」。
各種メディアで大々的に取り上げられているのでご存知の人も多いはず。

遠藤周作の小説「沈黙」を、「ディパーテッド」「タクシードライバー」の巨匠マーティン・スコセッシが映画化したヒューマンドラマ。
キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人間にとって大切なものか、人間の弱さとは何かを描き出した。
17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、日本を目指す若き宣教師のロドリゴとガルペ。2人は旅の途上のマカオで出会ったキチジローという日本人を案内役に、やがて長崎へとたどり着き、厳しい弾圧を受けながら自らの信仰心と向き合っていく。
スコセッシが1988年に原作を読んで以来、28年をかけて映画化にこぎつけた念願の企画で、主人公ロドリゴ役を「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールドが演じた。
そのほか「シンドラーのリスト」のリーアム・ニーソン、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のアダム・ドライバーらが共演。
キチジロー役の窪塚洋介をはじめ、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシといった日本人キャストが出演する。

ちなみに、週末映画ランキング(2017年1月21日~2017年1月22日)では、第4位にランクイン。
まずまずのスタートですね!

そんな超話題の映画のチケットが、なんと、修道院のみんな(修道会の全会員!)に配られちゃいました!!
こんなこと初めてかもー!?

っていうか、すごーく、この映画を推してくるんですけど・・・。

そして、配られた封筒の中には、、、
映画のポストカード!

巡礼地マップ解説付きの、ちらし!

そして映画の前売券!!
それも「ムビチケカード」なんていう、インターネットで座席指定ができる映画前売券。
こういうチケット、初めてなので戸惑います!

裏面を見たら、二次元コードを削るらしい。
利用方法はムビチケHPで!!

っていうか、ここのおじさまたちは、インターネットで座席指定なんて無理だと思う。
どうすんだろ・・・。
と、思ってたら、直接劇場に持って行けば座席指定券に引き換えてくれるみたい!
そりゃ、そうか(よかった)。

ただ、自分って、あまのじゃくなところがあるのです!

みんなが騒げば騒ぐほど、みんなが推せば推すほど、
なんだか距離を置きたくなっちゃったりして。

大人げない。

もちろん、「沈黙 サイレンス」は間違いなくいい映画だけど、
個人的には「この世界の片隅に」も引き続き応援します!(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ピックアップ記事

  1. 菊の魅力がすごいよ
  2. 神奈川県立近代美術館 鎌倉〜さよなら“カマキン”に行ってみた
  3. 五島の土産は神父とシスターで溢れている
  4. アドベント・キャンドルの飾り方
  5. ボッティチェリ展に行ってきた

関連記事

  1. 修道生活

    歴史に詳しい学者さんはおいしいご飯も知っている

    とまにちわ!高山右近が近いうちに列副されることを念頭においた研…

  2. 使徒職

    文化放送の開局時の歴史を探ってみた

    とまにちわ!今回は、東京にある文化放送(ラジオ局)の開局時の歴…

  3. テレビ・映画

    ドラマ「重版出来!」は働く全て人にエールを贈る

    とまにちわ!「重版出来」って「じゅうはんしゅったい」って読むん…

  4. 個人的メモ

    勝手に秋ドラマをまちわびる

    とまにちわ!我らの鈴木管区長が、無事退院しました!病気につ…

  5. テレビ・映画

    修道院を舞台にした映画

    とまにちわ!突然ですが、修道院を舞台にした映画って言われると、…

  6. 個人的メモ

    冬ドラマで始まる

    とまにちわ!あけまして1週間以上経ちましたが、今年もよろしくお…

最近の記事

おすすめの記事

アーカイブ

  1. 修道生活

    十字架の中にあるなにか
  2. 告知

    時にシュールさも兼ね備えています
  3. 修道生活

    聖遺物がやってくる
  4. 修道生活

    端からみると緊張感がない。
  5. 修道生活

    若手と呼ばれる会員のミーティングに参加してきた
PAGE TOP