修道生活

12年目にして初めて知る教皇祝福のペルガメナ

とまにちわ!

押し入れを整理していたら、箱に入った額を見つけちゃいました。
開けてみたら「ペルガメナ」と呼んでいるものが出てきました。
これって、たしか、終生誓願の時にもらったやつだ!

beruga---1
実はその当時、バタバタしてて、中身をよく見もしないでしまってたんです。
かわいそうなペルガメナ。

あれから12年・・・(遠い目)。
気持ちだけでも初心に返って、この「ペルガメナ」というものを見てみたいと思います!
今はそれしか方法がない!!

beruga---2
見ると手書きのカリグラフィーだ!
「ペルガメナ」というからには羊皮紙に書かれているんだと思う。

雰囲気があってぐっときます!!
美しい。


が、一つ大きな問題が・・・。
自分の名前が入ってるところは分かるけど、それ以外のところが何て書いてあるのか、まるっきり分かんない!!
うーん、困った。
12年の間、一体何してたんだろ?(ぽかん)


仕方がない。
ならば、語学が堪能そうな神父に聞いちゃおう!
おかげで、12年目にしてやっと、書かれてる意味が分かりました。

beruga - 6
そこにはこう書かれていました。

「2004年6月30日に行われる東京・イグナチオ教会での終生誓願の機会に、教皇ヨハネ・パウロ二世は、アントニオ・トマス・大川豊修道士に、神の溢れるほどの恵みを願い求め、心からの使徒的祝福を与えます。」


どうしよう。

予想をはるかに上回る内容。
教皇さまから祝福されていたなんてーー!!

どうひよふ。

過去の自分に早く伝えてあげなければっ!


ちなみに、下の小さい文字は、担当司教であったオスカル・リッツァート大司教さまのサイン。
この大司教さまが責任をもって、教皇祝福を依頼しましたというサインが入っていました。


思わず鼻血が出そうです!
その節はホントどうもありがとうございます。
改めて、がんばりますのでお許しください!!

これって大きなお宝だと、たった今気付きました(遅すぎ!)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ピックアップ記事

  1. 修道院のレシピ(?)で作るシンプルなハムサンド
  2. もう後ろは振り返らない
  3. 神奈川県立近代美術館 鎌倉〜さよなら“カマキン”に行ってみた
  4. エクストリーム・シェービングがハンパない
  5. ラテン語のノベナを日本語で味わってみる

関連記事

  1. 修道生活

    この素晴らしい誓願式の隅っこの声を聞いてくれ

    とまにちわ!今朝、ミサが始まる前のこと。祭壇脇に準備された…

  2. 修道生活

    ベトナムに住むってどうですか?

    とまにちわ!この夏から、二人の会員がベトナムに派遣されることに…

  3. 修道生活

    修道誓願の更新式

    とまにちわ!3月19日は聖ヨセフの祝日。パウロ会では別名「…

  4. 修道生活

    やすらぎは、にぎやかさのすぐ横にある

    とまにちわ!「アルベリオーネの炎」の最新号(No.9)が出来て…

  5. 修道生活

    修道誓願を更新する

    とまにちわ!東京では桜が開花しちゃったり、教会は聖週間に入った…

  6. 修道生活

    イタリアから総顧問が来日する

    とまにちわ!聖パウロ修道会の総本部はイタリアなんですけど、その…

最近の記事

おすすめの記事

アーカイブ

  1. たまに行くなら

    早い!安い!四谷中華の俵屋に行ってみた
  2. 修道生活

    アゴが出てきたから
  3. 祈り

    お出かけ前に!危険から身を守る祈り
  4. 修道生活

    机の下が大変なことになっている。
  5. 使徒職

    「四谷駅前地区市街地再開発事業」解体工事にふるえる
PAGE TOP