たまに行くなら

神奈川県立近代美術館 鎌倉〜さよなら“カマキン”に行ってみた

とまにちわ!

神奈川県立近代美術館 鎌倉は、1951年、日本で最初の公立美術館として誕生した美術館。
地元では”カマキン”の愛称で親しまれている(?)んだそうです。
そんな美術館が、今月1月に閉館するというニュースを聞いたので行ってきました!

820 - 1 (5)
鎌倉近代美術館は初めてだけど、鎌倉の町には何度か訪れたことがあります。
自然と文化、そして歴史を感じられる素敵な場所ですよね。
のんびりしたくなる。

820 - 2 (4)
が、この日は休日だったため、駅に着いたらすごい人の波。
もちろん、鶴岡八幡宮に向かう小町通り商店街もびっしり!
のんびりなんてしてられない・・・。

820 - 2 (3)
なので、鶴岡八幡宮に通じる別の道(若宮大路)を通って向かいます。
ちなみに、この通りにはカトリック雪の下教会もあります!
周囲の空気に見事に馴染んでいる素敵な教会です。

820 - 1 (6)
そして、鎌倉・鶴岡八幡宮の境内へ。

820 - 3 (3)
緑が多い環境の中に建つモダンな建物が見えました!

820 - 7 (2)
池に迫り出すように建つその軽快な姿。

820 - 10 (2)
最後の展覧会は、鎌倉からはじまった。1951-2016 PART3:1951-1965「鎌倉近代美術館」誕生」。
建築家・坂倉準三によって設計された通称「鎌倉近代美術館」の、構想・建設から1965年までの草創期の活動を、当時の企画展にちなんだ所蔵作品や写真や資料が紹介されていました。

820 - 20 (1)
しかし、展覧会の内容(展示物)よりも、モダンな建物にばかり目がいっちゃうのです。
もしかしたら、この先、一般公開されないかもしれないと思うと、余計に。

820 - 102
設計は、20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエの愛弟子、坂倉準三(1901-1969)によるもの。

820 - 15 (2)
日本のモダニズム建築の代表的存在で、日本の近代建築20選にも選ばれています。

820 - 28 (1)
1951年に完成した建物は、鉄骨構造2階建て、延床面積1,575平方メートル。
ちなみにエレベーターはありません。

820 - 77
外廊下の天井にはキラキラと池の水面が反射してて綺麗!

820 - 99
階段の手すりの具合とか。

820 - 96
中庭には、イサム・ノグチの「こけし」。

820 - 59
今回、初公開となる旧学芸員室(中3階)も見ることができました。

820 - 63
空間からは、カフェが見下ろせるようになっていました。

820 - 58
そして、ほぼ1951年当初のままだというカフェにも欲張って入ってしまいました。
寒かったけど、テラスからの源平池の眺めもいいぞ!

820 - 50 (1)
うん、おちつくなぁ。
最後は、ほっこりいい気分になっちゃいました!(笑)

●神奈川県立近代美術館 鎌倉
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-53
電話:0467-22-5000
※2016年1月31日(日)閉館

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ピックアップ記事

  1. ルルドから聖具がやってきた! その1
  2. 四谷・荒木町を歩いてみる
  3. 神奈川県立近代美術館 鎌倉〜さよなら“カマキン”に行ってみた
  4. ラテン語のノベナを日本語で味わってみる
  5. 新装オープンした坂本屋のカステラを食べてみた。

関連記事

  1. たまに行くなら

    オランダ・モダン・デザインの精髄を見ちゃった

    とまにちわ!シンプルに本質を表すオランダ・デザイン。基本的…

  2. たまに行くなら

    ついに発見!四谷のおうち系カレー屋さん!

    とまにちわ!インドカレーにナンという組み合わせも好きだけど、…

  3. たまに行くなら

    新宿区で一番始めに開園した公園、東京・四谷の須賀公園

    とまにちわ!アニメ映画「君の名は。」で、聖地巡礼と称して多くの…

  4. 修道生活

    長らく作者不明だった修道院の名画がついに作者判明!

    とまにちわ!四谷修道院の聖堂に飾られている、「使徒の女王聖マリ…

  5. たまに行くなら

    自由な時代を彩った風刺と笑い「パロディ、二重の声」展

    東京ステーションギャラリーで開催中の「パロディ、二重の声 ――日本の一…

  6. 修道生活

    宣教センターにあるチャペル

    とまにちわ!ここ最近は、サンパウロ宣教センター(四谷のお店では…

最近の記事

おすすめの記事

アーカイブ

  1. 修道生活

    教皇大使の十字架
  2. グルメ

    軽井沢の老舗そば屋「かぎもとや」で田舎そばを堪能
  3. 修道生活

    イルミネーションで修道院に夢と魔法をかける
  4. グルメ

    泉屋東京店のクッキーにはキリスト教の精神があった
  5. たまに行くなら

    ボッティチェリ展に行ってきた
PAGE TOP