ルルドから聖具がやってきた! その2

修道生活

とまにちわ!

連続でお届けしている「ルルドから聖具がやってきた!」。
ルルドから届いたさまざまな聖具を、ただ眺めようというものです。
では、引き続きドンドン開けていっちゃいまーす!

DSC_0284a
十字架が刺繍された白い布。それも大量!
プリフィカトリウムだ。

DSC_0287c
これは、聖体拝領のときに、ぶどう酒がこぼれないようにカリスに添えて用いたり、
口や指などを拭いたり、カリスに水を注いでふき清めるときに用いる布。

DSC_0285b
その下には、コルポラーレとパラも入っていました。
ちなみに、コルポラーレはカリスの下に敷く布、パラはカリスの上に置く布です。

同じ布でも用途によって名前が違うって、奥が深いぞ!
っていうか、正直、覚えづらいんですけど・・・。
それにしても、無駄なものを削ぎ落とした、いかした図案だ。

続いて、次の包みを開いちゃいます!

DSC_0288d
出て来たのは、、、パテナだ。
聖体をのせるためのお皿。
金メッキを施されているからキラキラ輝いています。眩しい!
カリスとセットになっていることが多いから、最後の包みはカリスかも?

最後の包みの開封です!!

DSC_0292f
紫の布! どうみてもカリスじゃない!! というか、これは祭服ですね。
主に待降節と四旬節に使う紫色の祭服です。

DSC_0295h
高貴な紫の輝き。

DSC_0296i
荘厳な美しさ。

DSC_0300j
紫の花の花ことばは「不滅の愛」。

そういうのもうなずける気がしてきます。
最後は神聖な気持ちになって、開封の儀を終えることにします!(笑)

DSC_0282z
そうだそうだ。
入っていたバックを見たら、Webサイトのアドレスがのってました。
試しにアクセスしてみたら、どうやらネットで買えるみたい!?
ダラダラ見てたら使いもしない黄金の三角帽子(ミトラ)とか、うっかり買っちゃいそう(苦笑)。

DSC_0284a2●michel finet
http://www.michel-finet.com/
※日本から買えるのかは不明

<お知らせ>フランスの包装紙と袋をプレゼントしちゃいます♪

DSC_0304m
なんだか捨ててしまうのがもったいないので、フランスから届いた包装紙とバックをプレゼント!
包装紙はビリビリ、ヨレヨレになっていますが、なんとなーく、なんかに使えそう!?
意味もなく額に入れて飾ってみても、おしゃれ素敵かも!
TomaPお便り(こちらをクリック)」から、「包装紙欲しい」とご記入の上、ご応募くださいませ。
1名様に差し上げます!
*個人情報の記入は必要ありません。ハンドル名と「包装紙欲しい」のみでかまいません。
ご応募締め切りは、2015年10月18日までです(当選者のお知らせは10月19日の予定)。
どうぞお気軽に!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で