たまに行くなら

元気になれる岡本太郎記念館

とまにちわ!

暑さのせいで、グラスの底についてくるコースターを剥がし続ける、今日この頃。
おかげで、まったく仕事が手につかない有り様!

それならばいっその事、表現意欲を爆発させてしまおう!?
ということで、岡本太郎記念館に出かけることにしました。
ちなみに四谷からなら、歩いて40分くらいで行けちゃいます!

6
岡本太郎記念館は、芸術家の岡本太郎が自宅兼アトリエとして使用していた建物。
アトリエ・客間・庭園は生前の姿を出きる限り忠実に残し,彫刻やモニュメント原型,芸術家具が展示されています。
そんな記念館は、今も岡本太郎のエネルギーで満ち満ちていました!!

13
館内は、1階サロン・アトリエ部分(常設)と、2階展示室、庭の3つのスペースからできています。
他の美術館と違い、ここは写真撮影もOK!

18
1階部分には、製作された主な造形物とともに岡本太郎氏の人形(リアル)が迎えてくれます!

3
その先にあるのがアトリエ!
このスペースは、生前のまま残されていて、机の上には実際に使用していた画材道具が並んでいます。

1
2階部分は企画展用の展示スペース。
開催されていたイベントは「岡本太郎の『樹』」というもの。

16
いのちを描きつづけた岡本太郎にとって、樹はなくてはならない重要なモチーフだったんだとか。

12
迫力ある作品をゆったりと見ることができます。

15
館内のいたるところに作品があります。

11
庭には、梵鐘「歓喜」や「母の塔」の原型、「犬の植木鉢」といった造形物が、あちらこちらに設置されています。

23
「犬の植木鉢」がかわいい!

24
ベランダから「太陽の塔」も出現してる!

21
青山という都会の住宅街にあるこじんまりとした記念館だけど、岡本太郎の奇抜な作品を見てると楽しい!
そして、なんだか元気が出てくる!!
だからもう、濡れたコースターは剥がしませんっ!(笑)

●岡本太郎記念館
〒107-0062 東京都港区南青山6-1-19
電話:03-3406-0801

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ピックアップ記事

  1. あろうことか十字架のしるしを忘れてしまう
  2. 泉屋東京店のクッキーにはキリスト教の精神があった
  3. 思わず祈りたくなる聖母子像
  4. ラテン語のノベナを日本語で味わってみる
  5. 五島の土産は神父とシスターで溢れている

関連記事

  1. たまに行くなら

    現在の高さは549メートル。

    とまにちわ!急に寒さが増してきた東京です。いかんせん寒い。…

  2. たまに行くなら

    坂本屋のかすてら

    とまにちわ!クリスマスといえば、ケーキ!ケーキといえば、ス…

  3. グルメ

    軽井沢の老舗そば屋「かぎもとや」で田舎そばを堪能

    とまにちわ!中軽井沢駅からすぐ、行列が出来る明治3年創業のおそ…

  4. 修道生活

    聖堂のプレゼピオは希望に満ちている

    とまにちわ!クリスマスが近づくと思い出すのが、子供の頃に食べて…

  5. たまに行くなら

    泣きながらご飯食べたことある人は、生きていけます

    とまにちわ!陽射しが強い夏、紫外線対策に余念のない美意識高い系…

  6. 修道生活

    男子修道院にある女子トイレ

    とまにちわ!口内炎が同時に5個出来たりして、これは、すっかり秋…

最近の記事

おすすめの記事

アーカイブ

  1. 個人的メモ

    マンションポエムを味わう
  2. 修道生活

    使徒の女王マリアのランチ
  3. たまに行くなら

    現在の高さは549メートル。
  4. 修道生活

    サンパウロの会議室に潜入!
  5. 修道生活

    たまには当たることって、あるんですよ。
PAGE TOP