たまに行くなら

迎賓館赤坂離宮の前庭公開を見学

とまにちわ!

四谷修道院のすぐ近くにある、迎賓館赤坂離宮(国宝)。
11月8日(土)から3日間、前庭が一般公開されていたので行ってみました。

DSC_0703
もう10年くらい四谷に住んでいるのに、前庭を見学するのは初めて!
素直にテンション上がりまーす!!

DSC_0714
ちなみに、迎賓館赤坂離宮前庭公開は、事前の申込みは不要で年齢制限もありません。
どなたでも入場可能!

DSC_0812
毎年、すごい見学者の数ですごく並んでいたので、気合いを入れて早めに行くことにしました。
すでにたくさんの人が並んでいたものの、荷物検査と金属探知器ゲートもスムーズ。
立ち止まって待つこともなく、意外とあっさり中に入ることができました。

DSC_0722
中に入ると、とにかくひっろーーいっ!!
手入れが行き届いている庭がビューティフル!
黒松の木々の間から噴水が見えたりしてて、和洋折衷の組み合わせもいい感じ。

DSC_0713
本館の建物が近づいてくると、完璧な西洋建築の姿に、一瞬、ここがどこだか分からなくなる〜。
なんでも、日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築なんだそうです。
ただ、屋根飾りや模様をよく見ると、建物全体に西洋と日本が混じってて、おもしろい。

DSC_0730
ちなみに、本館の建物は地上2階、地下1階のべ面積は15,000平方メートル(約4,600坪)。
外壁は花崗岩で、中央上部には菊のご紋章が飾られています。
そして、左右の屋根には、天球儀と金色の霊鳥が!

DSC_0763
ゴージャスな玄関ドアから中を覗き込むと、白と黒の市松模様の床とか、赤い絨毯とかが見える!
これだけでも、きらびやかさは見事でございます。

DSC_0740
一般公開では敷地内の随所随所にスタッフやボランティアの方がいて、ガイドをしてくれます。
さすが国賓をもてなす場所なだけあり、いたれりつくせりな感じ。

DSC_0753
今回、一般公開されたのは、門から建物の目の前まで。
建物内部は、毎年夏頃に一般公開されているみたいです(要事前申し込みで、多数の場合は抽選)。
いつか、内部も見てみたいなぁ。

DSC_0776
■迎賓館赤坂離宮の前庭公開について
期間:平成26年11月8日(土)から11月10日(月)まで
時間:10時~16時(入場は15時30分まで)
入場資格:事前申込不要で入場自由、年齢等入場制限事項無し(どなたでも入場可能)
入場料:無料
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/sankan/zenteikoukai.html(内閣府)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ピックアップ記事

  1. 泉屋東京店のクッキーにはキリスト教の精神があった
  2. シスター手作りの羽毛ふとん
  3. 修道誓願を更新する
  4. イタリアから総顧問が来日する
  5. さよなら、サンパウロ宣教センター

関連記事

  1. たまに行くなら

    ボッティチェリ展に行ってきた

    とまにちわ!優雅で美しい聖母を描いた、中世の画家サンドロ・ボッ…

  2. 修道生活

    菊の魅力がすごいよ

    とまにちわ!サンパウロ宣教センターの移転が始まり、慌ただしくな…

  3. たまに行くなら

    あっぱれへ向かう

    とまにちわ!花しりとりも残すとこあとわずか。(※5月25日(金…

  4. 修道生活

    アウト・オブ・ダウト

    とまにちわ!ここんとこ、周りの人たちに気持ちをぶつけてて、迷惑…

  5. たまに行くなら

    気になるトンカツの名店「三金」に行ってきた

    とまにちわ!聖パウロ修道会のFacebookを始めてから、なぜ…

  6. たまに行くなら

    沈黙の空間がすごく心地いい軽井沢聖パウロカトリック教会

    とまにちわ!軽井沢に来たからには、やっぱりここも、行くしかない…

最近の記事

おすすめの記事

アーカイブ

  1. 修道生活

    問いかけられると理解力が上がるらしい
  2. 修道生活

    部屋から見える景色
  3. 修道生活

    これが修道院のおもてなし応接室だ!
  4. 修道生活

    ちがうといえばちがうとも言える
  5. 修道生活

    今からでも間に合う!聖母月の霊的花束
PAGE TOP