告知

【訃報】シルヴィオ・ファウスト・サッシ神父

現地時間の 2014 年 9 月 14 日(日)、未明、十字架称賛の祝日に、
聖師は私たちの司祭会員、

シルヴィオ・ファウスト・サッシ神父(享年 65 歳)

をみ元に召されました。 パウロ会の生活 54 年、司祭生活 37 年の生涯でした。
総長として 2004 年から 2014 年まで務めました。

donsassi16ok_104595_287932
シルヴィオ神父は、心臓の血液循環障害によってローマの総本部修道院で急逝しました。亡くなる前日まで、いつも通りに祈り、書斎で仕事をし、兄弟たちと共に生活し、亡くなるような兆候は全くあり ませんでした。

シルヴィオ神父は、クロストロのヴェッツァーノ(レッジョ・エミリア/イタリア)に 1949 年 7 月 10 日に生まれ、1960 年 9 月 4 日、11 歳の時にモデナのパウロ会志願院に入会しています。中学、高校 の課程を修了すると、1965 年にオスティア・リド(ローマ)で修練に入り、1967 年 8 月 20 日、そこ で初誓願を宣立しました。

その後、アルバで哲学を学び、続いてローマで神学を学びました。1975 年 9 月 7 日にローマで終生 誓願を宣立し、1977 年 6 月 29 日、使徒の女王大聖堂のクリプタ(中階聖堂)で司祭に叙階されました。 1977 年に、ローマにある教皇庁立聖ボナヴェントゥーラ(セラフィクム)で、神学学士号を取得し ました。その後、パリのソルボンヌ大学(パリ第三大学)でコミュニケーションに関する専門課程(1977 年~1981 年)を専攻し、1982 年には、宣伝広告における記号論についての博士号を取得しています。 イタリアに戻ると、1983 年~1998 年まで、聖パウロ国際コミュニケーション専門学校(SPICS) で校長を務めながら、記号論、言語学、広告学を教えていました。また数年間、ローマのアルフォンソ道徳神学学院で倫理学とコミュニケーション学について教鞭を取っています。 指導者として数々の研修会を指導しながら、イタリア管区の管区顧問を二期(1986 年~1994 年)

務めています。また 1999 年~2004 年までは、使徒職の総責任者も務めました。 イタリア、および海外のパウロ家族会員に、創立者のカリスマ、パウロ的使徒職、教会、コミュニ ケーション、現代社会におけるコミュニケーション文化をテーマとした、数々の研修会を指導しています。 シルヴィオ神父は、聖パウロ修道会、およびパウロ家族の国際的特徴について積極的に教えていま

した。このような彼の指導経験が評価され、2004 年 5 月 10 日、第 8 回修道会総会において総長に任 命されました。また 2010 年 5 月 8 日、第 9 回修道会総会において、再度、総長に任命されました。

また彼の才能と経験から、2006 年 10 月 20 日、教皇ベネディクト 16 世は、シルヴィオ神父を教皇 庁広報評議会の顧問に任命しています。

学問的観点からパウロ的カリスマを見つめ、研究し、現代化し、それを生き、また本物となること が、常に彼の心を捉えていました。

総会から与えられた重要な任務の一つである全パウロ会員へ宛てた彼の年次書簡では、創立者の著 作について、また彼の専門的中心テーマが扱われています。また同様のテーマで、過去に二つの国際 セミナーも開催しています。一つは、「第三千年期におけるパウロ的カリスマの現代化―霊性と使命―」 というタイトルで、2008 年に開催されたパウロ的カリスマについてのセミナーです。もう一つは、聖 パウロに関する国際セミナーで、教会の「パウロ年」に合わせて 2009 年に開催されました。

聖パウロ修道会の創立 100 周年とパウロ家族の創立 100 周年に合わせて、シルヴィオ神父が熟考し、 準備していた論点や祈りなどが収められた彼の年次書簡は、既に出来上がっています。書簡のタイト ルは「コミュニケーションによる、コミュニケーションにおける福音化」です。テーマはとても重要 で、アルベリオーネ神父の祝日である 11 月 26 日に発表するためのものでした。また書簡の結論部分 は、11 月 23 日~25 日に開催される「創立者」アルベリオーネ神父に関する「学術的会合」のまとめ として発表される予定でした。

シルヴィオ神父は、創立 100 周年のミサをバチカン国務長長官と共同司式し、その後、教皇謁見に よって創立 100 周年を締めくくることができることを、とても楽しみにしていました。

シルヴィオ神父は、2016 年 5 月までの任期を全うするつもりでしたが、主のみ旨は、彼の思いとは 違ったようです。この深い悲しみと困惑の時が、主にとって何らかの理由があることを信仰のうちに 信じましょう。私たちの父聖パウロの言葉に慰めと希望が得られますように。「わたしたちは、生きる とすれば主のために生き、死ぬとすれば主のために死にます。生きるにしろ、死ぬにしろ、わたした ちは主のものなのです。」(ローマ 14・8)

このような希望のうちに、御父が私たちに、親愛なるシルヴィオ神父の人生と働きを与えて下さっ たことを感謝し、彼のために兄弟としての祈りを捧げるように致しましょう。

ローマ、2014 年 9 月 15 日(月) ジュリアーノ・サレディ神父

※葬儀は、9 月 18 日(木)、11:00 から「使徒の女王大聖堂」のクリプタ(中階聖堂)で行われます。 その後、彼の柩は、アルバーノ・ラツィアーレにあるパウロ家族の墓地の小聖堂に収められます。『会 憲・指導書』65 条、65 条 1 項に従い、それぞれの共同体において、シルヴィオ神父の「永遠の安息」 のためにお祈りください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ピックアップ記事

  1. 「主の祈り」イカしている訳語はどれ?
  2. 四谷駅前再開発ビルの完成イメージがすごい
  3. 赤いちゃんちゃんこが止まらない
  4. 修道院でよく聞く口癖はこれだ!
  5. ボッティチェリ展に行ってきた

関連記事

  1. 告知

    時にシュールさも兼ね備えています

    とまにちわ!聖パウロ修道会の『希望の丘』の最新号(69号)がで…

  2. 個人的メモ

    フランスの包装紙と袋!プレゼント当選者のお知らせ!!

    当選された「はなもも」さまへ。本日、定形外郵便にてプレゼントの包装…

  3. 告知

    パウロ家族創立100周年記念 連続講演会

    とまにちわ!ネットで見つけた、あるお悩み相談が、なかなかおもし…

  4. 使徒職

    四谷「サンパオリーノ」修道院お菓子の家

    とまにちわ!修道院のお菓子といえば、トラピスト・クッキーとかバ…

  5. 修道生活

    パウロ家族創立100周年で人気のある動画

    とまにちわ!静かなブームの「パウロ家族創立100周年」!パ…

  6. 修道生活

    イースターエッグを探せっ!

    とまにちわ!復活おめでとうございます!!分かっていたこ…

最近の記事

おすすめの記事

アーカイブ

  1. 修道生活

    御受難会東京修道院に行く
  2. 修道生活

    この世界の片隅で年末を振り返ってみる
  3. 修道生活

    修道院の菊をそっとながめてみよう
  4. 修道生活

    メロンを持って少女漫画風にしたら複雑な気持ちになりました
  5. 修道生活

    落ち葉を鑑賞する
PAGE TOP