修道生活

修道院の一日

修道院の一日の生活(平日)をご紹介します。
修道生活に興味を持ったあなたに少しでも身近に感じてもらえればうれしいです。

6:15 朝の祈り

6:30 ミサ

DSC_0596
会憲53条:
聖書において、みことばの形でご自分をわたしたちに与えられるキリストは、みことばそのものによって、パンとぶどう酒の形式のもとに、ご聖体のうちに、秘跡的に現存しておられる。毎日のミサ聖祭は共同の祈りを最高に表したものである。これは、キリストの周りに集まった教会のしるしとなり、キリストと心を合わせてわたしたちが光栄を帰する御父との親密さにあずからせてくれる。その上、みんなを一つの体、一つの心にさせて、聖霊で満たしてくれるという確信を与えてくれる。

7:00 黙想

会憲55条:
毎日の黙想は、典礼祭儀の最中に行われようとそれ以外に行われようと、わたしたちの個人生活および共同生活にとって、またわたしたちを観想へ導くためにも、最も大切なものである。わたしたちは、毎日、都合のよい時間をこの黙想に当てよう。

7:30 朝食

食前の祈り:
父よ、あなたのいつくしみに感謝して、この食事をいただきます。
ここに用意されたものを祝福し、
わたしたちの心とからだを支える糧としてください。
わたしたちの主イエス・キリストによって。 アーメン。
(『パウロ家族の祈り』より)

9:00~12:00 使徒職

会憲68条:
社会的コミュニケーションの機関を、つまり出版、ラジオ、テレビ、視聴覚機関、小型の通信伝達手段、その他同種類のものを、特に大衆に重きを置いて宣教に利用しよう。

12:15 昼食

13:30~17:30 使徒職

会憲69条:
本会は、大衆向けの活動を優先させながらも、最も助けを必要としている人びと、すなわち貧者、真理からかけ離れている人びとと真理を知らない人びとへ、とりわけ働きかけるように心がける。

18:00〜19:00 聖体訪問

DSC_0595
会憲54条:
どのパウロ家族も創立者の貴重な遺産として、またパウロ会の信心の特徴として、毎日1時間の聖体訪問を心がけてなし、キリストとの個人的な出会いの場とするように。その聖体訪問の中で、神のみことばについての読書と反省、良心の糾明によるみことばと自分の生活との対比、聖師との祈りによる対話を行う。

19:00 夕食

会憲19条1項:
食事を一家の出会いの場とみなし、これに共同で参加すること。

夜 くつろぎの時間

会憲15条:
全会員は兄弟としての協力と友情をつちかい、共通の召命にともに応えるために互いに助け合うように。

ピックアップ記事

  1. イタリアから総顧問が来日する
  2. 聖堂のプレゼピオは希望に満ちている
  3. 神奈川県立近代美術館 鎌倉〜さよなら“カマキン”に行ってみた
  4. あろうことか十字架のしるしを忘れてしまう
  5. もう後ろは振り返らない

関連記事

  1. 修道生活

    クリスマスには修道院の食堂にあるお菓子を食べよう

    とまにちわ!クリスマスが今年もやってきますね。修道院ではク…

  2. 修道生活

    こんなところにガラス張り

    とまにちわ!修道院の目の前の公園は、一面色とりどりの葉っぱ…

  3. 修道生活

    四ツ谷の坂道を巡ってみる

    とまにちわ!6月29日は「聖ペトロ、聖パウロ使徒」の祭日で、…

  4. 修道生活

    カレーヒルズ

    とまにちわ!みんな大好き、カレーの日。しばらくカレーが出な…

  5. 修道生活

    待降節に恋をして

    とまにちわ!いよいよやってきました師走&待降節です。時の流…

  6. 修道生活

    植松のヤリスギちゃん

    とまにちわ!今日は、赤坂の女子パウロ会で終生誓願式と、誓願…

最近の記事

おすすめの記事

アーカイブ

  1. 修道生活

    できなかったことが可能に!?
  2. 修道生活

    予想以上にメラメラ
  3. 修道生活

    インフルエンザになっちゃった
  4. 修道生活

    教皇大使の十字架
  5. お便り

    あやふやと憶測だけをたよりに
PAGE TOP