修道生活

あの部屋はどんなところでしょうか?

とまにちわ!

洗礼者聖ヨハネの誕生の祭日、おめでとうございます!

世間的にはFIFAワールドカップとか、iPhone4の発売とか、選挙戦がスタートしたとか、
四谷修道院の聖堂の冷房がやたら効いているとか、
異常におそろしいことになっています!

ってなことで、みなさま、おめでとうございます!?(笑)

R0010598.jpg
行ってきました、八王子・祈りの家(カーザ・アルベリオーネ)。
今年も年の黙想をやってきました!

御受難会のウォード・ビドル神父さまの指導のもと、
「私にとって、生きるとはキリストである」がテーマでした。
なかなか大胆なテーマですけど、
これは、聖書(フィリ1・21)のことばの一節。

R0010612.jpg
キリストの霊から始まり、キリストの人性、祈り、愛、
キリストに従う、キリストの宣教、キリストの受難など、
いろんな視点から、キリストについて黙想した気がします。
が、すでに内容の大半が抜けてしまっているような・・・(苦笑)。

R0010602.jpg
ただ、その中で、なんとか印象に残っていたのが、
「祈りの中にも進歩がある」
という、ことば。

修道院で毎日祈っているのって、いわば日常だったりして、
マンネリ化してしまうことって、実はよくある気がするんです。
あと、祈りの効果ばかりを期待して、
喜んでみたり、落ち込んでみたり、あきらめたり。
そんな祈りが毎日繰り返されるように思える時もあるんですよねぇ。

R0010595.jpg
そんな風に思ったりすることもあったので、
祈りの中に「進歩」があるということに驚いたというか、
そういえばそうだっていうか、そうでなければいけないなーという、
今さらながら、目からウロコな感じがしたんです(苦笑)。

R0010611.jpg
そして、もっと親密なキリストとの関係を築いていくには、
あきらめず、信頼をもって祈り続けるっていうことが、
まずはなによりも大切なことなんだなーとか。
ここで、改めて心に刻んでおこうって思ったんです。
つーか、黙想明けなので、真面目風な話題にしておきました(苦笑)。

R0010614.jpg
祈りの家の「ご案内」。意外と気になるかも。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ピックアップ記事

  1. 四谷駅前再開発ビルの完成イメージがすごい
  2. ルルドから聖具がやってきた! その1
  3. 「灰の水曜日」の灰を作る鍋が姿をくらます
  4. 神奈川県立近代美術館 鎌倉〜さよなら“カマキン”に行ってみた
  5. 新装オープンした坂本屋のカステラを食べてみた。

関連記事

  1. 修道生活

    聖体顕示の許可がきた

    とまにちわ!修道院の人事異動があったりして、四谷修道院所属の神…

  2. 修道生活

    ベトナムに住むってどうですか?

    とまにちわ!この夏から、二人の会員がベトナムに派遣されることに…

  3. 修道生活

    感謝の祭儀(ミサ)でやりたいこと

    とまにちわ!なんだかお固いイメージのある感謝の祭儀(ミサ)。…

  4. 修道生活

    復活ろうそくの香がいなくなる

    とまにちわ!5月25日は「世界広報の日」なので、教皇メッセージ…

  5. 修道生活

    ラテン語のノベナを日本語で味わってみる

    四谷修道院では、クリスマス前のノベナ(9日間)をやっています。ノベ…

  6. 修道生活

    エコなアドベントキャンドル?

    とまにちわ!とある親切な方から、長崎・五島の椿をいただきました…

最近の記事

おすすめの記事

アーカイブ

  1. 修道生活

    聖パウロ修道会のサイトが変わった
  2. 個人的メモ

    トラピストのポルボロン VS 成城石井のポルボローネ
  3. 修道生活

    修道院の祝日のランチはどうなのか
  4. 修道生活

    魔法のような日常
  5. 修道生活

    子はタフガイ
PAGE TOP