たまに行くなら

藤田、フジタ、洗礼名はレオナール

とまにちわ!

東京国立近代美術館のMOMATコレクションで観た、藤田嗣治という人がなんだか気になるのです。
おまけに四谷修道院近くの迎賓館赤坂離宮では、8月11日から、藤田嗣治の天井画6点が初公開されるんだとか!
こうなると、俄然、藤田嗣治に興味が湧いてくるのです。

1886年(明治19)、現在の東京都新宿区新小川町の陸軍軍医の家に生まれたフジタは、父の上司だった森鷗外の勧めもあり東京美術学校西洋画科に入学。当時主流であった明るい外光派風の洋画にあきたらず、1913年、26歳の時にフランスにわたります。(出典:ポーラ美術館)

パリのモンパルナスに住んだフジタは、ピカソやヴァン・ドンゲン、モディリアーニらエコール・ド・パリの画家たちと交流しました。彼らに刺激され、独自のスタイルを追究するなかで、日本や東洋の絵画の支持体である紙や絹の優美な質感を、油絵で再現しようと思いつきます。手製のなめらかなカンヴァスの上に、面相筆と墨で細い輪郭線を引き、繊細な陰影を施した裸婦像は、「素晴らしい白い下地(grand fond blanc)」「乳白色の肌」と呼ばれて絶賛されました。1919年にはサロン・ドートンヌに出品した6点の油絵がすべて入選し、ただちに会員に推挙されるなど、フジタの作品はパリで大人気となりました。(出典:ポーラ美術館)

1929年、凱旋帰国展のため16年ぶりに一時帰国。1933年以降は日本を活動の拠点とします。日中戦争がはじまると、祖国への貢献を願い大画面の戦争画の制作に没頭しますが、戦後は画壇から戦争協力者として批判を浴び、その責任をとる形で日本を離れます。(出典:ポーラ美術館)

再びパリに暮らし始め、日本には戻らないと決めたフジタは、1955年にフランス国籍を取得。1959年、72歳の時にランスの大聖堂でカトリックの洗礼を受け、レオナールという洗礼名を与えられます。最晩年には、ランスに感謝を示したいと礼拝堂「シャぺル・ノートル=ダム・ド・ラ・ペ(通称シャペル・フジタ)」の建設を志し、完成から2年後に没しました。(出典:ポーラ美術館)


パリで藤田嗣治は、「私が日本を捨てたのではない。日本が私を捨てたのだ。」と語っていたそう。
彼の人生は、なかなか大変!
というか、切ない感じ・・・。
そんな人生を歩んで来たからこそ、たどり着いたのが、キリスト教だったのかも。


ちなみに、MOMATコレクションは、藤田嗣治だけでなく、岸田劉生とかルソーとかまで見られて超お得なんです。
まめに展示替えも行われるので、訪れるたびに新たな発見もあり!


せっかくだから、迎賓館赤坂離宮の藤田嗣治の天井画も観たいなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ピックアップ記事

  1. さよなら、サンパウロ宣教センター
  2. アドベント・キャンドルの飾り方
  3. もう後ろは振り返らない
  4. 修道院でよく聞く口癖はこれだ!
  5. 世界のパウロ家族メンバーとフランシスコ教皇との謁見の動画

関連記事

  1. たまに行くなら

    カキバター焼がうますぎて「かつれつ四谷たけだ」で悶絶する

    とまにちわ!カキの美味しい季節もそろそろ終わりそう・・・。…

  2. 修道生活

    夢のルネサンス!

    とまにちわ!聖週間はなんとか無事に過ごし、みごと(?)、復…

  3. 修道生活

    深まる秋は修道院の菊をスマートに褒めたい

    とまにちわ!好きな人にはたまらない、日本の花の代表格、菊!…

  4. 修道生活

    修道院にある灯籠

    とまにちわ!「修道院の庭にある灯籠を『家庭の友』に載せたらいい…

  5. たまに行くなら

    おまかせが頼めない

    とまにちわ!ごちそうの定番メニューと言えば、なんといっても…

  6. 修道生活

    アジサイの葉からラジオ放送が聞こえるの!?

    とまにちわ!6月、ジューン!梅雨に入ったけど、あんまり…

最近の記事

おすすめの記事

アーカイブ

  1. 修道生活

    今日からできる認知症予防
  2. たまに行くなら

    自由な時代を彩った風刺と笑い「パロディ、二重の声」展
  3. 修道生活

    御聖体サブレきた
  4. 修道生活

    修道院の菊をそっとながめてみよう
  5. 修道生活

    聖具室の机の上にあるもの
PAGE TOP